2016年05月28日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第14話 ひとりぼっちの大晦日

2013年12月31日(火)
7時起床。昨夜来たジャマは全く眠れなかったみたい。どうもピエールのいびきがうるさ過ぎたみたい。


歯磨きをトイレでしてから部屋に戻ると、朝シャンした彼女がバスタオル一枚の姿でいた。

欧米人はあんまり下着を見られて恥ずかしいと思わないから、廊下でもブラジャーとパンツの姿で歩いていたりする。

彼女もそんな感覚なのだろう。

でも俺は日本人。男なので嫌な気持ちは全然しないけれど、さすがに目のやり場に困る。バスタオルの中は裸?じゃあこれからどうやって下着を付けるの?なんて考え出したら気まずくなった。

なので時間潰しに屋上に干した洗濯物を取りに行った。

しばらくして部屋に戻ると、彼女は服を着ていたが、タンクトップからは大きな胸がチラリ。結局下着と変わらない姿だった。笑

大胆な外人さんにいつもタジタジなのであった。



今日は9時前に出発。

とりあえずWilliam st. を歩きSussex st. を南へ。ディクソンst. 周辺のチャイナタウンへ。

朝少し早かったせいか、年末だからか、閉まっている店が多いが、やはり中国系のパワーは強い。街の雰囲気が違う。

どこの国へ行ってもチャイナタウンはある。ジャパニーズタウンが同じように世界中にあったら面白いのに。


近くの中国庭園も見てみた。6ドル。

とても綺麗。


あまりにも一人でのニューイヤーの可能性が高まってしまったので、

庭園内を歩いているお姉さんに話しかけようかなとも思った。しかし、勇気がなくて断念。

後で後悔することになったのだが…やっぱりいっとくべきだったな。後悔先に立たず。笑



Darling Harbourエリアを抜けて、Cockle Bay沿いを通り、Bridge Roadからフィッシュマーケットも見に行った。

やっぱり市場は面白い。知らない魚が満載で丸で水族館。

日本人の姿もちらほらあった。



昼頃歩き疲れて部屋まで戻ると、もうジャマの姿は無かった。


よっぽど嫌だったのだろう。気持ちはわかる。


よく考えると、この部屋は従業員用なのだ。

いびきだけが問題ではなくて、そもそもなんで管理人も俺をこの部屋から別の場所に変えようとしないのか。予約はしていたはずだ。この部屋にずっといたから友達すらできないのではないか、と思えてきた。今更ながら部屋を変えてくれ、と管理人に言ってみた。空きがあるか検討するとのこと。


そんな不満を考えつつ、とりあえずキッチンでまたサンドイッチを食べる。


外人さんは多いけど、何か今まで行った国の中でも、あんまり相手にしてくれていない感じがある。そんな気がする。気のせい?今日が大晦日の特別な日だからだろうか…。

NSW州立美術館へも行ってみたけれど、花火の場所に近いのですごい人だった。

人が多すぎて、あんまり人混みが得意でないので嫌になった。


帰りにコールス(スーパー)でお買物。

水、コーラ等を購入。

宿に戻ると、滞在3日目にしてようやく部屋を変わっていいといわれたので移動。

でも、本当の年越しギリギリになって部屋を変わったところで、気の合う友達ができるはずもなく、一人のさみしい年越しがここで決定した。だいたい今更部屋を変わったところで、ルームメイトはみんな出かけており、部屋には誰もいないのだ。

なのでヤケクソで?もう一度スーパーへ。

ビールと酎ハイを計六缶買った。

しかし、まだ話話続く。

今度は管理人の機嫌が悪い。

アルコールをこの宿は禁止しているのだ。公の場での飲酒は厳しいオーストラリア。

でも部屋でいけないというのはいかがなものか。わけわからない。


でも、もう買ってしまったし、ベッドの上なら個人の責任だからとか言われ、結局ベッドの上でゴロゴロしながら、腐った大晦日を過ごした。


しばらくすると花火の音。

本当は誰かと見に行く予定で日本を離れたのに。


花火のスケールは世界的にも有名。

この一夜にものすごい額の花火が散る。


すこーしだけ道路で見たけれど、あんまり見えない。

ならば、と屋上で見るつもりが、くそ管理人。今度は律儀にも時間になったら屋上封鎖。

正月くらい一晩明けといてもいいじゃないか!とキレたくなった。


花火の音はすごかったけれど、実際あんまり見ていないのでわからない。

しかし、指笛とみんなの歓声が新年をついに迎えたことを感じさせてくれた。


ビールでひとり。


過去一番さえないけれど、思い出深い、苦い年越しだった。



posted by 日野君 at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第13話 シドニー観光

2013年12月30日(月)

9時に起きた。イビキと寒さで眠りが浅い。
10時出発。
キングスクロスから海方向へ。Darlingharst Rd.
フリーマップと歩き方を見ながらとにかく歩いた。
ロイヤルボタニックガーデンをゆっくり海沿いに歩く。
DSCN6547.JPG

DSCN6550.JPG

DSCN6557.JPG

DSCN6567.JPG

DSCN6574.JPG

DSCN6581.JPG

DSCN6577.JPG

途中釣り家族がいて、小さい鯛を釣っていた。
オペラハウスは人がとにかく多い。観光客で写真撮りまくってる人もいるし、ウォーキングしてる人もいる。
サーキュラーキー(Circularquay)でお昼ごはん。またまたマック。観光地で入れる店がほかに
ない。笑

ミュージアム(現代美術館)、カドマンの家、The Garrison church、と見て回る。
途中何度も休みながら散策。
ジョージストリートはすごい人の多さ。
タウンホールとセントンドリュース大聖堂、セントメリーズ大聖堂と歩いた。

DSCN6650.JPG

DSCN6649.JPG

DSCN6660.JPG

DSCN6662.JPG

DSCN6661.JPG

今日は日中でもそんなに暑くない。
16時くらいに一度ゲストハウスに戻り、洗濯。屋上で干した。
夕食はまた昨日と同じ手作りサンドイッチ。
マヨネーズがキューピーよりうまい!

ご飯食べていると、台湾人の男性がご飯を少し味見させてくれた。
卵と豆腐を醤油で煮たおでんみたいなやつ。結構美味しかった。

なんかほとんど日本人泊まっていないらしい。
完全に選択をミスった。どう考えても新年を寂しく迎えそうな感じ...。

ってなことを考えながら、二段ベッドの上で横になって本を読んだり、英語調べてみたり、ケータイをいじってみたりして過ごす。
やっぱり釣りをしない観光ばかりの日々だとハリがない。

夜部屋にひとり女性が来た。イングランド出身。ジャマという変わった名前。

23時くらいには就寝。

豪州&新西蘭釣行 回想記 第12話

2013年12月29日(日)
6時起床。1時間かけてテント片付け。
7時過ぎには全てのパッキングを終わらせて、キッチンで休憩した。

10時35分発の空港行きの無料シャトルバスに乗る。
DSCN6510.JPG

10分くらいで空港に到着。
日本で間違えて予約してしまったヴァージンのフライト、キャンセルできない。
電話じゃないと対応できないらしい。日本でこんなことってある?

空港ではセキュリティーで引っかかった。
ボガグリップとリールにいちゃもんつけられた。
10回以上フライトして初めて。
「釣り糸で首締めれるでしょ?」っていわれたけど、じゃあカメラとかのストラップは?って感じだった。腹立つ。
DSCN6511.JPG


シドニーに到着。
空港が結構不親切な感じでわかりにくい。
バス乗り場を探してウロウロしたけれど、見つけれず、係員も見当たらないし、歩いてる人に聞いてもハンパな答えしか得られず、結局自力で電車を見つけてテキトーに乗り、キングスクロス駅で降りた。
今日からの宿「オーストラリアンバックパッカーズ」は歩き方には書いていないけれど、野生の勘ですぐに見つけることができた。
年末年始の予約システムの関係で、一日多く予約していたけれど、キャンセルできた。
でも案内された部屋は従業員用の部屋。
DSCN6512.JPG

かなり汚いし恐ろしく汗臭い。笑

夜は少し寒いくらい涼しい。
買い物に行った。
大きなコカコーラの看板の下にスーパーがある。
DSCN6515.JPG

自炊するしかないので、13ドル分のサンドイッチを作る為の食材をアレコレと購入した。

夜はなぜか管理人のピーターがアップルパイをくれた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。