2014年08月31日

伯釣旅 第28話 ドラードキャンプ準備日。釣りなし。

8/29(金)
7時半起床。

午前中は12時までにチェックアウトしなければならないので、部屋の片付け。
image.jpg

image.jpg


釣竿をまとめ、荷物を全部パッキングした。

夜に出発すると聞いていたので、しばらくロビーで執筆作業。

image-9a9b6.jpg

昼前にお腹が空いたので、どこか外で食事しようと思っていた時、電話が鳴った。

カイハラさんだ。

「どうですか?お昼食べましたか?」

まだ食べていなかったので、誘いに乗ることにした。(^^)毎度申し訳ないけど。笑

今日もまた奥さんが自宅でご飯を作ってくれているらしい。


お昼にホテルに迎えに来てくれた。

今日のランチはお肉と野菜数週の炒め物。ガラナ。そして食後のプリン。
ブラジルのお菓子の中では、個人的にはこのプリンが一番好きだ。

食後は犬と遊んでから、ソファーに座ってテレビでNHK鑑賞。

昼食後は、ホテルに戻って執筆作業。カイハラさん宅でもできるが、洗濯物をホテルにまだ干していたし、一人の方が集中できると思ったのでチェックアウトしたけれど一旦戻ることにした。


しかし、戻るとファブリシオ2号の姿。
image-4bdc7.jpg

全然集中できない。笑

悪いやつではないが、今日はゆっくりしたかったというのが本音。

しばらくファブリシオ2号の相手をした後、オーストラリアの旅のまとめを数日分だけやった。
コツコツ少しずつ進めていくしかない。先は長いな。笑

五時過ぎまでロビーで執筆して、それからファブリシオ2号とお別れ。言葉は通じなかったが、仲良くなれた。ホテルのみんなとも仲良くなれた。さみしい気はするが、先へ進むしかない。

じゃあねと言って別れた。


カイハラさんのいるアイスクリーム屋さんまで歩こうと思ったら、歩き出してすぐに電話。
「いまどこ?買い物に行こう!」とカイハラさん。

明日から結婚式でバタバタするので、月曜日からの釣りに集中できるように、先に食料を買い込むらしい。スーパーへ一緒に向かった。

image-03937.jpg

カートを押してどんどん色んなものをドカドカと積み込む。

バナナ、りんご、みかん、ハム、チーズ、塩、パン、玉ねぎ、肉、ソーセージ、キャベツなどなど…

それにしてもすごい量。笑

4日分?らしいのでわからなくもないが、とにかく社長の買う量は多い。豪快。
なんだか開高さんの本で読んだことがあるような光景。そういえばカイハラさんの顔もどこか開高さんに似ているような…。笑

社長、多すぎじゃね?特にフルーツ…と、何度か言いそうになるが言えず。
まぁどんな具合に消費していくのかな。楽しみだ。笑

image-c0198.jpg

image-6d525.jpg

全部で206レアル。一万円分くらいの買い物。半分はお金を出した。

image.jpg

買い物の後はまた自宅に招かれた。もう明日は早いので、今日はこのまま泊めてもらうことに。

お腹いっぱいに食べて、夜はカイハラさんは仕事のため出かけた。

日野はソファーでウトウトしてしまう。

23時ごろ歯磨きして、ベッドに横になる。
お年頃16歳の娘さんの部屋。申し訳ない。

今日で事故を起こしてからちょうど1ヶ月。外傷はだいぶ良くなったが、まだ関節は少し痛い。
これから良くなっていくのだろうか。完全復活までの道のりは長い。

image-bb89e.jpg
↑昼間のホテルでの片づけ中の一枚。
posted by 日野君 at 02:09| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

伯釣旅 第27話 対岸のパラダイスへ向かうも…

8/28(木)
7時起床。

朝からロビーで執筆作業。ファブリシオとの一日をまとめる。

今日は珍しく予定がない。

暇になってはマズイ。

こうなったら、今日はこちらからアプローチだ!とカイハラ社長に電話。笑

日野「今日って釣り行ったりしますか??」

カイハラ社長「行く?いいですよ。行きましょうか!」

さすがは社長。金も時間もあるので話が早い。笑

午後から行くという話になったので、それまでは地味に文章をまとめる。

日々日記の延長のような文章ばかり書いているけれど、こんなんで大丈夫なのだろうか…。
今まで行った過去の旅、最初からパソコンとかiPadとか持って行ってデータとして保存しながら書いておけば効率的だったのだけれど(今回のように)、お金がなかったのでずっと普通のノートに毎日書いていた。これが失敗。
ノートを見ながら再度データにするためにiPadで入力するっていうのはすごく骨が折れる。(T ^ T)

皆さんも長期の旅に出られる方がいましたら、iPadでエバーノートを使っての日記をオススメします。

こんなグダグダな旅人でも、いつかは本を出したい!それが今の夢、かな。

(追記:帰国後は日々の生活に追われて、本の話は...もう数年後、回想記としてでもいいかなぁ。とりあえず、今はこのブログのまとめが先だな。笑)


さて、午後からの予定ということで、のんびりとロビーと部屋で執筆を続けていたが、10時半電話が鳴った。
出てみるとカイハラ社長。

「もうホテルの外にいますよ」

えー!午後からって言ってたじゃん!笑
でもこちらはお願いした身なので文句は言えない。

慌てて準備して出発!
街外れのいつものマリーナ?へ。

ちょうどお昼くらいの出船。

image-41ab1.jpg

前回好釣果だった対岸のエリアを目指す。今日はほとんど風はない。

ボートでしばらく走って気がついた。
昼食のパンを忘れたらしい。笑

昨日の夜も飯無しで、今日の昼も…。笑

仕方なくモルタデーラ(ハム)だけ食べた。暑いので塩辛いハムがちょうどいい。腹が減っているので何でも美味しく感じる。
でもさすがに何枚もそれだけ食べていると塩がキツイので、ジュースで流し込んだ。

何度も方向を確認しながら、結局一時間ほどで目的の対岸に到着した。

だが、到着してから変化に気づいた。
水がこの前よりもやけに濁っているのだ。

「これは苦戦するかも…」

長年釣りしている経験?かその読みはあたり、ぜんぜんサカナからの反応はない。


夕方までの数時間、ミノーを中心に投げて、タライーラ一匹、トゥクナレ三匹の計四匹だった。
P8290441.JPG

P8290443.JPG

image-636ae.jpg

P8290444.JPG

最後の一匹はマリーナの近く。
この辺の方が水がずいぶんクリアだった。
image-3111b.jpg
今日唯一のアズールだった。

わざわざ対岸まで向かわなくても、今日は水が濁っていない近場でよかったのかもしれない。
これが釣りの難しいところ。

P8290449.JPG

P8290446.JPG

image-a2553.jpg

あーあ、全然釣れなかったな。なんて話をしながら、今夜もカイハラ社長に夕食を誘われた。

自宅で奥さんが美味しいご飯を食べさせてくれた。

最近あんまりお金使っていないな。申し訳ないけど、ありがたい!

image-d96e8.jpg

夕食後、また結婚式の話が出た。どうしても日本人を結婚式に連れて行きたいらしいのだ。

もうこの街に来て一週間。ドラードだけがまだ釣れていない。

なので日野は立場をわきまえず、交換条件を出した。

「月曜日からドラード釣りに行けるのなら、週末の結婚式に出ます!もし月曜日からが無理なら、僕はドラードを求めて、申し訳ないけれど次の街へ移動します」。

そう言ってみると、カイハラ社長は知人に電話。
社長はハンモックに横になりながら、ポルトガル語でドラード釣りに行けないかどうか確認し始めた。

10分間の電話の後、出た答えは…

「日野さん、ドラード行きましょうか!月曜日からOKです!その代わり、結婚式も行こうね。笑」

やった!話は決まった!
結婚式は正直どうでもいいが、ドラードを狙いに行ける!

ドラードのことで気持ちが良くなった日野は、社長に結婚式用の服を借りることにした。

どう考えてもウエストがでかいけど、ズボンとシャツ、ジャケット、革靴を借りれることになった。

ブラジルで結婚式出席。

なんか面白いんじゃねーの???笑

意外とドラード釣りに行けるということで、気持ちが高ぶっていった。

image-df2ac.jpg

話がまとまったところでホテルへ送ってもらった。

今晩でこのホテルでの滞在も最後かと思ったら、なんだか寂しい気もするが、動かなくては!

この街であったいろんな出会いに感謝して、眠りについた。

倉庫でホコリまみれになっていた、若き日のカイハラさんとドラードの写真が頭から離れなかった。
posted by 日野君 at 21:03| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

伯釣旅 第26話 移動すべきか、留まるべきか。

8/27(水)

7時半過ぎ、雨の音で目覚めた。
天気予報だと降らないと聞いていたけど、朝はあまり天気良くない。

朝食を食べる気にならないので、しばらくロビーでネット。

8時過ぎにウエダさんに電話してみた。
カイハラさんは今日も釣りに行きたいらしいが、ウエダさんは今日はやめておけと言う。風が強いからだ。

二人の地元民の意見に挟まれ、どうしようかと迷う日野。


とりあえず、昼頃にウエダさんの釣具屋さんまで歩いて向かうことに。

ホテルから釣具屋さんまで30分かかる。足が悪いので今はあんまり歩きたくないが仕方ない。(朝だけ雨で、昼前にはもう晴れていた。)

ウエダ釣具店到着。
image-aba4c.jpg
↑昔彼が日本から持ってきたという、ダイワの愛用リール。

image-dedbf.jpg
↑フランギーニョとはちいちゃな鳥の意。おふざけ?ルアー。

image-440b9.jpg

image-3ebf9.jpg
↑壊れた思い出のリールの数々。日本から中古を輸入してでも廃盤機種を修理したいらしい。



この前のシュハスカリアで昼食をとることになった。
image-2ca7f.jpg

image-bf671.jpg

昼食後は釣具屋さんの中で写真を見せられる。

image-fac12.jpg

が、正直眠たいし興味はない。笑

店でのんびりしていると、今度はカイハラさん。「行こうよ!」という電話だ。

でも目の前のこの釣具屋社長は、「今日は風が強すぎるから、行っちゃダメだ」という...
二人のブラジル人の意見に板挟みになり、どうするか迷う日野。

そうこうして迷っている間に、カイハラさんに「後で電話するから」と言って一旦電話を切ってから、だいぶ時間が経過。目の前で行くなと言われているのに、電話越しでOKって言えないよね。汗。


とりあえず、申し訳なく思ったので、14時過ぎに折り返し電話。
本当は行きたかったけど、ウエダさんが「今日は危ないよ。風が強すぎる。行かない方がいい。何人も死んでるから」。としつこく言うので、断ることにした。

カイハラさん気を悪くしていなければいいけど。

行くとウエダさんが気を悪くするかもしれないし、行かないとカイハラさんに申し訳ない。
いずれにしても気を使うよね。日本人はこういう状況に弱い。笑


仕方なく夕方までダラダラ日に。
ウエダさんのアミーゴにテレレというお茶をご馳走になった。水道水を入れているのを見たので、ちょっと怖くなった。大丈夫かな…。笑
image-bcede.jpg

image-f93c9.jpg

image-100e8.jpg

路上で変なアミーゴ?にも絡まれた。
image-fd08d.jpg

image-4ddf1.jpg

手巻きタバコの紙がただのノート!一同爆笑。ブラジルやっぱり面白い!笑笑


一旦宿へ帰宅。今日は客が多いからか、部屋を変わった。値段は同じ。
ホテルの従業員も、一週間ここにいるからみんな顔見知りになってきて居心地がいい。



が、これは真剣な旅。
今後ここにいてもいいが、そろそろドラードを釣るにはどうしたらいいのか真剣に考えないといけない。

部屋に戻ってから、セルベージャ(ビール)の残りを飲みながら、持ってきたガイドブックや地図、熱帯魚雑誌の切り抜き等とにらめっこした。


どうやら、次に行くならコルンバという街が良さそうだ。

でも、週末のカイハラさんに誘われた結婚式や来週のドラド釣りも捨てがたい。どうする?
今すぐ移動するか、来週まで待つか...。どうする、俺。

ますます追い込まれてきた。笑



夜は誘われたので、20時前からウエダさんと上の娘さん、友達のキムラさんの四人で釣り。
近場の桟橋だ。今日は昼間釣りできなかったので、ワクワク。

image-dd09b.jpg

P8280426.JPG

ランバリ(小魚)が中心のエサ釣りだけど、夜は昼以上にピラニアのアタリが多い。
ちょっとアタリがあったかと思うと、もう餌がない。それの繰り返し。

22時過ぎまでやって、日野はピラニア二匹のみ。
でも、二種ともアマレロとは違った。また図鑑で調べてみることにしよう。
image-4597d.jpg

P8280439.JPG

ウエダさんはピラニアとハイアーとキャットフィッシュ。
P8280437.JPG

P8280438.JPG

IMG_0299.JPG
この魚かな?
IMG_0300.JPG

↓キムラさんはナントカって魚が多かった。名前忘れた。
P8280436.JPG

P8280431.JPG

P8280429.JPG
↑エサとして現地で多用される「トゥビラ」というウナギのような魚も釣れた。


結局夕食を食べぬままホテルに戻り、シャワー後就寝。
posted by 日野君 at 19:57| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。