2015年02月27日

伯釣旅 第132話 二日酔いのまま。22ヶ国目、スイスへ移動!

12/11(木)
頭が痛い。朝から頭が強烈に痛い。

昨日は完全に飲みすぎた。

隣の彼は、なんとか生きているようだ。
マリファナを吸って、酒飲んで、ぶっ倒れて、トイレから出てこなくなった彼。死んでいなくてよかった。笑

むしろ死んだのは俺だ。アルコールは確実に脳細胞を破壊する。(; ̄ェ ̄)


エミリーも元気そう。彼女の場合、顔色一つ変えないくらい酒が強いから大丈夫か。

デニスはそれほど飲まなかったからか、ケロっとしている。



9時ごろに起きて、俺とデニスは帰宅することに。
彼は大学があるため、荷物を取りに行く。本当はもっと寝ていたいけどね。


頭痛と吐き気を抱えながら、電車とバスに乗りデニス宅へ。



荷物を全部まとめて、昼頃にバス停まで連れていってもらってお別れ。
彼のおかげで楽しい時間を過ごせた。


バスに乗って中央駅まで。
DSCN9767.JPG

DSCN9769.JPG

14時50分まで時間があるので、またマックで時間を潰すことに。今日はスイスまで移動するのだ。


バスに乗ってからは20時過ぎの到着まで、ずっと座ったまま、死んでいた。酒なんて飲むもんじゃない!って思いながらも、また飲んじゃうんだろうね。あぁ…悲しき我が人生。




真っ暗で寒いスイス・チューリヒに到着!

インフォメーションで行き方を聞いて、ユースホステルまで向かう。
IMG_1363.JPG

自販機でチケットを買いたいけれど、買い方がわからず、近くを通りかかった若者スケーターに声をかけて教えてもらった。こんな時、英語が本当に役に立つ。ドイツの鉄道は、本当に分かりにくいのだ。係員が日本みたいにいないのだ。改札もないのだ。これで先進国か?笑

iPad見ながら歩いて、何とか宿まで到着。

チェックイン後に暗闇の中、住宅街を抜け、ケバブ屋さんまで歩いて、ようやく21時過ぎに食事にありつけた。

これがチューリヒ初めての買い物だったけど、やっぱり高い。コーラとケバブだけで1500円くらいした。やっぱ物価は高そうだ。物価を気にしすぎて、ジャンクフードばかり食べてるなぁ…最近。(; ̄ェ ̄)


部屋に戻ると、もうみんな寝ている。

起こさないようにゆっくりとベッドへ。

が、よりによってイビキがうるさいおっさんの上。

寝れず。しかも夜中寒くて具合がますます悪くなった。(ー ー;)

posted by 日野君 at 12:17| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

伯釣旅 第131話 擬似大学生生活。な一日。

12/10(水)
プレッツェルとコーヒーで朝食を。ということになり、最寄駅近くのパン屋さんでテイクアウト。
DSCN9613.JPG

DSCN9614.JPG

DSCN9618.JPG

プレッツェルはドイツの名物らしい。塩味の効いた細身のパンだ。

今日は大学を観察することになった。
バイオロジー(生物学)の授業だ。
IMG_1335.JPG

IMG_1336.JPG

IMG_1337.JPG

ドイツ語なので何を言っているのか全然わからない。でも、初めての大学侵入で、初めての授業。

僕は短大出身だが、通信制だったので、大学の雰囲気をほとんど知らない。

なので、ドイツの学生さんたちの熱心な姿に胸を打たれた


その後、エミリーとデニスの三人で、お城散策。終始ホットワインを飲みながら歩く。笑
DSCN9633.JPG

DSCN9654.JPG

DSCN9661.JPG

DSCN9671.JPG

DSCN9631.JPG

DSCN9720.JPG

IMG_1348.JPG

DSCN9701.JPG

DSCN9703.JPG

DSCN9683.JPG

DSCN9680.JPG

DSCN9723.JPG

IMG_1347.JPG

地球の歩き方とかにも載っているが、「マリエンベルク要塞」というところだ。どデカイ歴史的建造物。
見上げながら歩いているだけで楽しい。酔っているから楽しく思えたのかな。(^_^;)


昼食はまたケバブ。


さらに午後からも大学の講義に参加。笑

しかしこれが長い…。(T_T)
一時間半だ。

何か確か殺人とかの断定の仕方?(自殺他殺)とか、バクテリアがどう死体を分解していくかとか。

よくわからないが、本当は写真がたくさんあって面白いから行こうかという話だったんだけど、実際はほぼ読めない言葉ばかりのパワーポイントの嵐。

なんだか今日は本当に大学生になったかのような1日だ。


その後レストランで注文したピザをテイクアウト。
DSCN9746.JPG

DSCN9748.JPG

その後、バーへ。
DSCN9752.JPG


大学生のみんなとパーティーらしい。

メリッサとか、その他友達数人。


ビール5杯くらい飲んで出来上がった。最初はドイツ語ばかりで全然わからず、「来なきゃ良かったなぁ…」なんて思ったけど、みんなの酔いが進むにつれて英語で喋りかけてくれた。

IMG_1355.JPG

IMG_1358.JPG

IMG_1360.JPG

IMG_1361.JPG

部屋に戻り、またビール。
DSCN9760.JPG

DSCN9761.JPG

DSCN9758.JPG

DSCN9763.JPG

DSCN9764.JPG

DSCN9765.JPG



エミリーと友達の彼はハッパ。海外はみんなマリファナを吸っている。特に若者。全員じゃないよ。(^_^;)
IMG_1362.JPG

もちろん私はやりません。誇り高き日本人ですから。

でも飲みすぎて…死んだ。

マリファナ吸ってた彼も…酒と煙の酔いのダブルパンチで…トイレから出てこなくなった。

みんなで川の字になって寝た。
posted by 日野君 at 21:44| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お買い物。

モンベルで働いていると、毎日毎日商品を触るせいで、すぐに新しいものを買ってしまいたくなる。

というわけで、最近購入したものをアップしておきます。

別にオススメとかではなく、自分の日記としてね。せっかく買ったので記録に残したいのです。

まずは本。

モンベル創業者であり現・会長である辰野勇さんの著書。

「モンベル 7つの決断」 ヤマケイ新書

image.jpg

どのような経緯でモンベルが生まれたのか。その歴史を学べます。
ほとんど自伝のような感じですが、とても面白いです。
社員さんに向けたメッセージという意味合いが強いようにも思えますが、一般の方にも読みやすく、もしこれを読んだら、あなたもモンベルファンになることでしょう。笑

さて、次。

P2260053.JPG

プリムスの「フェムト・ストーブ P-115」

P2260054.JPG

今下取りキャンペーン中で、いらなくなったストーブを持っていくと1000円引きで購入できる。
なので、数年使っていなかった「キャプテンスタッグ」の安物大型ストーブを投入してきた。

なんといってもこのP-115は小ささが魅力。
国内旅なら十分な気がする。とりあえず今年のバイク旅に向けて追加してみました。

小さいから釣りにも持っていこ。

何で釣りはこういうアイテムが雑誌とかで特集されないのだろう。バイク雑誌とかはいつもアウトドア用品特集あるのに。

P2260055.JPG

それから、ビバーク用のエマージェンシー・シート。
いつ何時遭難したりするかわからないからね。昨日の登山では持っていなかったので、転ばぬ先の杖で購入。
帰宅後、海外用の緊急ポーチに入れました。

P2260058.JPG

P2260060.JPG

あと、緊急時に火花をスパークさせたりするコイツも購入。
スウェーデン製の「ファイヤースチールスカウト」
別に緊急時でなくても使える。寒いとストーブ付属の圧電点火装置だと火が着かないのだ。今回も念の為持って行ったライターが電子式で使えず、同行者にツッコミを入れられる始末。笑
ホイッスル付きなので、これも緊急ポーチに入れた。

たき火なんかするときも、ライターではなく、これを使って火起こしすると、雰囲気が出て、気分が盛り上がることでしょう。

3000回以上は使えるらしいので、元が取れることを祈ろう。笑

P2260059.JPG

P2260057.JPG

あとは、普段バイク通勤で使うであろう、ボトルと防水のスタッフバッグ。

無駄遣いなのか、投資なのか...

すべては今後の活動内容で決まるな。笑

でも、今年はマチガイナクいろいろ各地に行くことでしょう!

頑張ります!

posted by 日野君 at 21:15| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。