2015年03月10日

伯釣旅 第139話 〜最終回〜 4ヶ月の長旅を終えて、ついに!無事日本に帰国!

12/18(木)
日本時間で朝の8時ごろ、飛行機は日本に到着した。

通路から外を覗くと、窓越しに雪がちらついているのが見える。寒い。

入国審査を終え、バッグが流れてくるのを待った。


ドイツで随分早い時間にチェックインしたせいか、荷物がなかなか出てこない。

立ったまま、しばらく待つ。


「もうこれで終わりかぁ…」


飛行機の中では気付かなかった、いや気付かないようにしていただけかもしれないが、乗客の95%以上は日本人だった。ここはもう日本なのだ。もう終わったのだ。



耳に入ってくる人々の会話。日本語が聞こえてくる。



荷物を待っている間、なぜだか「荷物が出てこなければいいのに…」なんて考えたりしていた。


できれば旅を終わらせたくないのだ。



先に釣竿が、箱に乗って流れてきた。

その5分後にバックパックが。


慣れた手つきでストラップを調整し、肩にかけ、税関申告のゲートへ。



「おはようございます。ご旅行でしたか?今回はどちらへ?こちらのバッグだけ見せてもらっていいですか?」



見た目が怪しいので(?)声をかけられたが、バッグを少し開いて見ただけで、もういいですと言われた。
竿についてる数々のシールが効いたかな。笑


日本はこの日大寒波。大雪。

名古屋では観測史上二番目の積雪で、都心部でも23センチの積雪があったとか。

ドイツから出る前、日本から雪の情報は聞いていたけど、まさかここまで降っているとは。正直驚いた。あたり一面真っ白なのだ。このエリアでこの雪の量は例年ならまず無い。


おかげで乗ろうとしていた高速バスは運休。
仕方なく電車で帰ろうとしていたらダイヤが乱れ、次に何が出るかまだわからないとのこと。

窓口ではサラリーマンらしき男性が大声でキレている。見ていて「平和だなぁ日本は。そしてバカだなぁ…」、なんて考えていた。職員さんは悪くないのに謝っている。
海外だと、悪くても謝らないけどね、なんて。まぁどうでもいいか。笑



しばらくウロチョロしたが、腹を決めて、来たやつに乗って動き出すのを待った。

なんだかんだで時間がかかり、名古屋まで進まない。

名古屋から近鉄に乗って、◯◯駅へ。
こちらはダイヤの乱れはほとんどなく、サクッと帰ることができた。

最寄駅からは吹雪。

若い大学生くらいの男の子がこっちを見てくる。大型ザック二つに釣竿を持っているからだ。


日本は少しでも変わった人が街にいるとジロジロ見てくる。


これは悪い文化だなぁなんて思う。


各国色々行ったが、海外だとこのまま電車乗っても、スーパー入っても、誰も見てこないけどね。

それだからこの国は…いや、今日は悪いことをいうのはやめておこう。自分の旅のフィナーレなのだから。



そんな視線を受けながらも、「俺はずっと遠くに旅に出ていたのだ!生と死の狭間を彷徨いながら…オマエらよりもずっと濃い生活を体験してきたんだかんな!坊主!」なんて自分の内側で吐き捨てるようにつぶやいた。笑


そんなどうでもいいこと考えながら、メガネが雪で曇り、見えなくなりながらも、アパートを目指した。



ようやく自分のアパートへたどり着いた。久しぶりだ。


バックパックから、鍵を取り出す。


数ヶ月使っていなかったせいか、鍵はややくすんでいるように見えた。



帰ってきた。アイムホーム!



濡れた服を全て脱ぎ捨て、洗濯機へ。タンスから久しぶりに見る服を取り出して着る。




何かを食べたい。何にしよう…。時間はすでに15時を回っていた。お昼ご飯を食べていない。


少し考えた末、近所の牛丼屋さんへ。吉野家だ!


「いらっしゃいませ。」
「牛丼大盛り下さい。」


久しぶりに日本人と日本語を話した。さっき、空港で駅の職員さんと話した時は気が付かなかったけど。



すぐに丼が来た。はやい!なんて早いんだ日本って。


先に出されたお茶も久しぶりでやけに美味しく感じる。

これぞオリジナル・ジャパニーズジャンクフード!一人で感動しながら食べた。



さっさと食べて部屋へ。


久しぶりの自室。


珍しく飛行機で寝ずに映画ばかり観たので眠い。とにかく眠い。さっきも電車の中でほとんど寝ていたが、やっぱり眠い。


しばらく寝ることにした。久しぶりの自分のベッド。一瞬で眠りに落ちた。


IMG_1449.JPG

起きるともう日は暮れていて、時刻は9時過ぎだった。



一瞬全てが夢だったような錯覚に陥った。



夕食を買わなくては。
近所の「スギ薬局」へ行ってみる。



大したもの売っていないけど、久しぶりの日本のお店にワクワクした。


久しぶりに…不健康極まりないカップラーメンを選んだ。どん兵衛と一平ちゃんだ。



部屋に戻ってお湯を沸かした。まずはどん兵衛を開け、粉を入れる。



「終わったんだ。。。全てが。」




どん兵衛ができるまでの5分間、バックパックから荷物を取り出して、片付けをしている時に再びふと出てきた一言だった。





突然涙が溢れ出した。もう本当に終わったんだと。


一人で声を出して泣き崩れた。


悲しさと嬉しさと切なさと達成感。そして希望の涙だった。



5分後、空しくタイマーの電子音が響いて我に返った。



久しぶりのカップ麺の味。


とても優しい味がした。




涙と湯気でメガネが曇り、全く前が見えなくなった。




完。


posted by 日野君 at 21:39| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伯釣旅 第138話 日本へと飛ぶ。

12/17(水)
7時起床。
昨日寝るのが遅かったので、超眠たいが、準備をする。

部屋は真っ暗でみんなまだ寝ているが、音をさせないように。

荷物を全部持って、受付へ。

一旦荷物を預けて、朝食のチケットを購入する。確か4ユーロちょい。

コーヒーとサンドイッチとヨーグルト、オレンジジュース。ささっと食べて、チェックアウトしてデポジットを受け取り、宿を出た。


昨日地下鉄のS8かS9に乗ればいいと聞いていたので、そこを目指す。

が、やっぱりよくわからない。
たまたま係員が珍しくいたので、道を聞いてホームへ降りた。
チケット買おうと思ったけど、ホームになぜか券売機が見つからず、無銭乗車。笑

金払わずに乗れてしまうのも、ほんとどうかと思う。(ー ー;)
今回のヨーロッパ、ほんとどこへ行ってもそうだ。

満員電車の通勤ラッシュだったため、無理やり体を押し込んで乗車。最後にこれか。


でも空港には数駅で到着して、その手前でみんな下車してくれたので、よかった。

前回ブラジルに行く時は、ルフトハンザのフロント探しに、足を引きずりながら(骨折してたからね)難儀したけど、今回は、到着してすぐに、迷わずフロントを見つけることができた。


チェックインして、出国手続きとセキュリティーチェックを受ける。
珍しく、セキュリティーで荷物を全部出すように言われ、言われた通りに荷物をカゴに。

昨日買ったお土産のチーズがあるので、見つかったら没収だなぁなんて思ったけど、シャンプーだけが没収されて、他は大丈夫だった。ラッキー。でもシャンプーもったいなかったなぁ。(貧乏性。笑)


暇なのでお土産屋さんを数軒見て回って、釣り雑誌と英語の本を購入。
IMG_1446.JPG

時間を潰す。


もう終わりなのだと思ったら、さみしくなってきた。帰りたくないなぁ。

ルフトハンザ LH736便 名古屋行き


最後の日は雨。

当然日本行きの便なので、ゲートから久しぶりの日本語がすでに聞こえる。
IMG_1447.JPG

懐かしいような、心地いい感じに聞こえるかなぁと思っていたけど、意外と耳に入ってき過ぎて気持ち悪い。

日本が大好きだけど、大嫌いな自分もやっぱりいるなぁと実感。(ー ー;)

飛行機の中で、名作映画「レオン」をなぜか観た。正も不正も表裏一体だなぁとつくずく思い知らされる作品。


「大脱走」はビールのせいで眠くなり…途中で記憶が飛んだ。😪

「The Fault in Our Stars」 (2014) という末期患者のカップルが恋に落ちる映画も観た。
死を受け入れること。

日常のありがたさ。

旅の最後にふさわしいのかわからないが、生きることの尊さをまた考えさせられる作品だった。



日本はもうすぐだ。
posted by 日野君 at 13:38| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伯釣旅 第137話 アムステルダム市内観光!そしてフランクフルトへ。

12/16(火)
7時45分起床。
普段は早く起きるのだけど、今日は珍しくヨースィンのドアノックで起こされた。

朝食はサンドイッチと、フレッシュオレンジジュース。朝から6~7個絞ってくれたらしい。(^^)
DSCN0014.JPG

DSCN0018.JPG

DSCN0020.JPG

DSCN0013.JPG

DSCN0016.JPG


部屋の荷物を全部片付ける。

このお部屋。彼女自身がベッドメイキングや掃除等全てを行っているので、それまではしばらく待機。次のお客さんが来るらしい。

お客さんが来て、ようやく出かける準備ができたのは、確か10時近くなってから。

DSCN0022.JPG

まずは路面電車に乗ってゴッホの美術館へ。
DSCN0025.JPG

DSCN0028.JPG

入場料が15ユーロ、日本円で2200円。けっこうするなぁと思いながらも、本物が見れるということで、興奮気味に入っていった。とりあえずデカイ荷物と釣竿を預ける。


一時間以上じっくり見て、ゴッホの本まで購入してしまった日野氏。
IMG_1428.JPG

やっぱり美術っていいなぁ。特に、歌川広重を真似して描いた浮世絵がいい!
日本の美術に関しても、もっと勉強しないといけないなぁ、日本人として。なんて思ったり。

お昼は美術館の食堂でサンドイッチとベリーのフレッシュジュース。9ユーロ。
DSCN0035.JPG

DSCN0034.JPG

その後、二人で駅まで行き、周囲をぐるぐる散策。
メインの駅はデカイし、ドイツのベルリンの中央駅と違って、真ん前に思い切り歴史を感じさせる建物がズラーっと並んでて、迫力がある。
DSCN0039.JPG

DSCN0045.JPG

DSCN0047.JPG

DSCN0048.JPG

で、面白いのが、その古い建物をよく見ると、全部斜めになってるっていう。笑
地震のある日本じゃまず考えられない光景がそこにあって、超面白かった。見てるだけなんだけどね。

それから、フランクフルトまでの夕方発の電車の時間までは数時間しかなかったので、もう今回はこの周辺だけにしよう、ということで、

なぜかレッドラインディストリクト、いわゆる昔の日本語で言う"赤線"を通り、お姉さんにウインクされたりして。笑

ヨースィンも、進んで行こうと言う。「あ、S◯Xショップだ!」みたいな発言まで言い出す。
海外の女性って大胆でたくましいね。恥じらいが無いとも言えるが。笑

その後、コーヒーショップでカプチーノ飲んで、またストリートで写真撮りまくって、「おい、日本人!写真ばっか撮ってないで行くわよ!」とか言われながら、買い物したり。
DSCN0059.JPG

IMG_1432.JPG

IMG_1434.JPG

あっという間に楽しい時間は過ぎた。
IMG_1429.JPG

最後は駅のホームまで送ってもらって、ハグしてお別れ。

最初握手したら、「握手だけ?」って言われて。二回ハグ。どうも日本人だからこういうのに慣れないね。なんだか恥ずかしい。
IMG_1438.JPG

お別れして電車に乗り込み、さっき購入したゴッホの本を読んだりした。
IMG_1450.JPG

IMG_1440.JPG

日本の文字に飢えていたので、一気に読んだ。

彼も悲しい人生だなぁ、なんて考えたりしながら。一つこの本で気がついたことは、絵画の説明とともに、彼の生い立ちが語られている点。何が気になったかというと、普段は挿絵とかほとんどない本ばかり読んでいたから、妙に新鮮な感じで、試行錯誤や、精神的な気持ちの変化が、実によく作品に現れていて、絵を言葉が補助して、言葉を絵が補助している感じがとてもすばらしいと思った。

乗り換えはケルンで。

30分以上待ち時間があったから、ホームじゃなくて、中のお店の角に立って時間が過ぎるのを待ってたら、足元に置いてあった荷物を取られそうになった!!(ー ー;)
「英語喋れる?」とか右側から聞いてきて、その間に左側の相方が盗む戦法。

なんか荷物が動く気配がしたのですぐに気がついて「おいおい!何しとんねん!コラァ〜ボケ!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3」って英語でキレたらサッといなくなったけど。やっぱり顔見ただけで怪しいなってのはわかるね。長旅の勘で。笑

明日出国なのに、パスポート取られなくてよかった、ほんと。海外はあかんぜ、気を抜いたら。

日本とちゃうでぇ〜。

なぜか関西弁風になるが、これホント。


22時過ぎに電車はフランクフルトに到着。
IMG_1442.JPG
インフォメーションで両替できるところを探したけど、無く(スイスフランがまだあるので)、直接宿へ向かった。

この前と同じ宿、たまたま部屋も同じ。

現金がほとんどないので、ATMを聞いて40だけ出金。


ビールをインドスーパーで買って、シャワーを浴びて、ビールを飲みながら。
IMG_1443.JPG

即例の"赤いランプのお店"へ。笑

※大人の事情で内容割愛いたします。m(_ _)m
もう最後の日なのだ。最後くらいいいではないか。ということで、また行ってまいりました。笑


自分のせいで帰るのも遅くなり…

自業自得か。寝るのも0時半とか。


最後にこの前の◯と思ったけど、そんなに甘くなかった。


アホな弾丸旅行に疲れ果てて就寝。


歩き回った4ヶ月目の靴下のかかとには穴が空いていた。
posted by 日野君 at 13:29| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。