2015年04月08日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第2話 ゴルフ場でピーコックバス。

2013年12月19日 
朝8時45分 ピヨピヨと鳴いている鳥の声で目を覚ました。
DSCN5473.JPG

日本の鳥と当然違うから、朝の雰囲気も少し違うように感じる。気温も涼しいというよりも少し寒いくらいだ。まぁ日本は今冬なのだから、寒いと文句を言うのも少し変な気がするが。 昨夜到着が遅くて、寝る時間が遅かったせいもあり、朝は少しスローなスタート。朝食の前に日本から持ってきていた日本茶をすする。心が落ち着く。やはり僕は日本人だ。

お茶を飲みつつ、さっそく荷物を開き、釣りの準備をする。 もう一人の現地在住の日本人の知人、山脇さんと電話で連絡を取り合い、集合場所を決めた。沈さんも山脇さんも、釣りはしないのだけれど、日本から来る物好きな僕をいつも「日野さん本当に好きですね〜」と笑いながらいつも旅に協力していただいている。本当にありがたい。 10時15分出発の準備ができた。荷物を車に積み込み沈さん宅を出る。

11時ごろ遅い朝食、というかブランチになってしまったのだが、近所の食堂で僕のマレーシアにおける朝食の定番「雲呑面(ワンタンミー)」を食べる。
DSCN5475.JPG

DSCN5477.JPG

中国語で書くと雲呑面だけど、日本語だと雲呑麺。麺は面なのだ。

メニューもいろいろ感じで書かれているが、相変わらず一切読めない。読めないからかいつも雲呑面を頼む。沈さんに聞いてもいいが、全部のメニューを説明してもらうのもなんだか申し訳ないし、そもそも僕はこれを食べたいのだ。サッパリしていていつ食べてもうまい!
DSCN5479.JPG

DSCN5478.JPG

マレーシアの魅力の一つは何と言っても料理だと思う。中華系、マレー系、インド系などなど、エリアによって住んでいる人種が違う為か、一つの町でいろいろな国の料理を味わうことができる。日本だと違う食文化を味わおうとするとどうしてもお値段が気になってくるのだが、マレーシアは物価の違いももちろんあるのだろうが、ほんとうに庶民的。店の多くがほとんど低価格。かつ当たり前だがうまい。いやまずかった料理というものがほとんどないのだ。本当に。食べ物が好きだから何度も来てしまう、といっても過言ではない。

DSCN5482.JPG

日本で、「奥さんが料理上手だと、亭主は仕事を早く終わらせてすぐ自宅に帰ってくる」というけど、僕はそんな感じでマレーシアの料理に心を、いや胃をつかまれているのかもしれない。 その後移動し、久しぶりに山脇さんと再会。少しだけお仕事をお手伝い。 そして14時過ぎ。いよいよ釣りへ。

前回の滞在時、初のピーコックバスを釣り上げることができた思い出の場所、 「クリアウォーター」というゴルフ場へ向かった。 釣りなのにゴルフ場?? そうここはゴルフ場なのに、その敷地内にある無数の池で釣りを楽しむことができるという、不思議な場所なのだ。

日本の本や雑誌等では某TT地区が有名なのであるが、実際エリア一帯に無数にある池のすべてで釣りをしていいわけでもなく、また個人の所有しているエリアも多いため、情報が少なく、知人もいない日本人が連休中にふらっと行ってさっと釣りをするというのは、案外難しい。
しかし、ここは一応入場料を払わなければならないけども、門ではガードマンが管理しているので治安の面も安心できるし、一般の釣り人が入ることは難しいため、釣り人が少ない。まさにパラダイスなのである。

とはいえ、釣り堀ではないので思い切り野生の魚たち。そんなに簡単ではない。そこが釣り人を熱くさせる。 ここでの主な対象魚は南米ブラジル原産の「ピーコックバス」。他には、タイにも生息している人気ターゲット「トーマン(タイ語だとシャドー)」だ。この二種をメインで狙う。 守衛さんに門で「コノニホンジン、釣りに来た」と沈さんに説明してもらい、ゴルフコース沿いの道を進む。

奥にある受付で簡単な手続きを済ませ、さっそく釣りスタート。
DSCN5491.JPG

正直、僕以外二人は全く釣りに興味ないので、毎度ながら僕が釣りしている時間ずっと待たせてしまうことになる。暇を他人に与えるというのは、お互い結構な苦痛で、本当に申し訳なく思った。そこで、山脇さんには日本から持ってきていた「地球の歩き方」で読書(?)をしてもらい、沈さんには僕のカメラを持っていただき、カメラマンになってもらうことにした。「こんな人使いでいいのだろうか?」と内心思ったが、考えている時間はない。釣りに集中することにした。

釣りを開始してから最初の一時間は全くと言っていいほど無反応。

何もなくただただ時間が過ぎる。

今回持ってきた釣り道具をテストしているだけのような、悲しい時間。

15時50分、持ってきていた一番小さいルアーと一番弱いタックル(...道具のことを英語でタックルというが、釣りの専門用語はほとんどが英語である。勉強さえすれば、釣り人は英語の学習に向いているのでは?と思う。)
失礼、話しが逸れた。
一番弱いタックルを使用し、「釣り上げる」なんて大げさな表現が似合わない小さなピーコックバスを手にした。
久しぶりに釣ったけど、本当にキレイな魚である。熱帯魚を触って間近で観察できるというのは釣り人の特権である。
逃がすのが惜しい。 その後は当たりルアーを見つけたため、順調に釣り続け、たしか10匹くらいのピーコックバスを釣ることができた。数だけなら今までのマレーシア釣行で過去最多である。

DSCN5508.JPG

DSCN5518.JPG

DSCN5520.JPG
シシャモみたいなサイズ。笑

DSCN5525.JPG

日本から来た釣り人が小さいながらもバカスカ次々に魚を釣り上げるので、中華系の地元のご家族釣り師たちも僕のポイントに集まりだした。

しかし数はいいが、サイズが伸びない。釣り人はただ釣れただけではだめなのだ。釣れることに満足すると今度はサイズが欲しくなる。 その後も執拗に狙ってみるのだが、同じルアーを使い続けたせいか、魚の反応はなくなった。使っていたルアーは小さなソフトベイトと呼ばれるゴムのような素材でできたやわらかいもの。これをジグヘッドと呼ばれる鉛付きの針につけ、遠くに投げて竿で動きをつけてやる。すると左右にまるで小魚のように泳ぐ。特にこのピーコックバスという魚は他の淡水の魚と比べて、比較的早く左右に大きく動くものに反応を示しやすい。現に同じやり方で大型のサイズも足元まで何度か追いかけてきた。

が、狙いすぎたのか魚の反応はなくなった。

なぜなくなったのか。答えは簡単である。魚が学習したからだ。大きい魚ほど学習能力が高く、そう簡単には釣れない。魚にも考えはあるのだ。 こういう時は他のルアーを、とあれこれ交換してトライしてみたのだが、いろいろ持ってきた数々のルアーの中で、今日魚が反応したのは先ほどのルアーのみ。たった一つである。 本当に釣りって難しい。
しばらくすると、「Are you Mr. Hino?(日野さんですか?)」とゴルフ場の従業員と思われる知らない人が声をかけてきた。「Yes, but why you know my name?(そうだけど何で俺のこと知ってんの?)」と聞いてみた。最初はドキっとしたけれど、話を聞いてみると、どうも以前来た時にこの場所で知り合いになっていた中華系の友人「ユ―ジン君」(ダジャレじゃないよ。そういう名前の友人。)が彼に連絡していたらしい。
僕はすっかりそのことを忘れていたのだけれど、たしかに数日前にFacebookを通して行くということ伝えていたのだった。けど、ユージン君は数か月前にゴルフ場の仕事を辞めており、しかも今回はそちらの新しい仕事が忙しいらしく会えないとのことだった。残念に思っていただけに、彼のこの気づかいがとてもうれしかった。
しかも、僕のところに来た彼は、もう一人、前回知り合ったアランさんという中華系のおじさんを呼び出してくれた。連絡が取れていなかった彼とまさかの再会である。「久しぶり!メール見てくれた?」「ごめん見たけど返してない」とバツの悪そうな感じではあったけど、いろいろ久しぶりに話をすることができ懐かしかった。 過去に何気なくあった人と再会することによって「僕はマレーシアに三回も来たんだな」という当たり前のことを改めて感じた。歴史というと大げさだけど、過去や記憶というものがしっかりと生まれているという事実を、再会によって再認識することができた。自分の中で人とのつながりを喜び、感謝した。 再会と同時に降り出した激しいスコールの中、雨宿りしながらアランさんの話を聞くと、なんとこの数か月の間に友達と共同で釣具屋さんをオープンした、ということだった。それは何としても行ってみたい。ということで、夕方雨が止んだタイミングで釣りを打ち切り、僕らは釣具屋さんに行ってみることにした。
DSCN5541.JPG

DSCN5548.JPG

マレーシアに来て初めての釣具屋さん訪問。実はこの国でまだ釣具屋さんに行ったことがなかったのだ。興味津々。 沈さん宅からそれほど遠くないし、思っていたよりも広く、しっかりとした釣具屋さんであった。アランさんは日本で仕事をしたことがあるので、日本語はペラペラ。終始嬉しそうにお店の説明をしてくれた。
自分への土産と明日のために、ルアー二個とエサ釣り用のナマズ5匹を購入した。
アランさんは日本の釣り具を輸入してビジネスにしたいという夢を語ってくれた。
釣り具業界だけでなく、日本のあらゆる業界は成熟してしまっているけれど、マレーシアはまだまだこれからという感じ。そういった国の雰囲気を直接肌で感じれるということも、旅の魅力だと思った。非常に面白い。ぜひ頑張ってもらいたい!
DSCN5553.JPG

DSCN5554.JPG

夕食は19時。 近所のフードコートに向かった。
DSCN5564.JPG

DSCN5562.JPG

DSCN5565.JPG

DSCN5568.JPG

DSCN5569.JPG
ここは以前来たことがある場所。 何を食べようか迷ってしまうけど今回はナシゴレンにした。
DSCN5572.JPG


夕食後は沈さんが以前よりずっと一緒に行こうと言っていた、地元の「アイスビール」を飲みに行った。アイスビールとは、文字通りキンキンに冷えたグラスに注がれる半分凍ったシャーベット化したビールのこと。銘柄はご存じカールスバーグ。
DSCN5577.JPG

ビール自体は普通なんだけど、触感が面白い。おいしい! 酒も入ったせいか、いろいろと深い話をしてしまった。

DSCN5579.JPG


本当にいいお付き合いをさせていただいているなぁと感じた。感謝。
遅い23時に帰宅。 メールチェックにシャワー、そして洗濯。僕は旅の最中、荷物を減らすためほとんど衣類を持ってきていない。毎日洗わないと洗い替えがないのだ。夜も寝るまで忙しい。
寝る前、沈さんが何やら写真を持ってきた。
見ると前回、前々回のマレーシア滞在時の写真だった。
DSCN5583.JPG

Facebookやブログに色々のせているけど、いつも見てくれているらしい。
思い出話に花が咲く。
DSCN5581.JPG

DSCN5584.JPG
今回で三回目のマレーシア訪問。
いつもいろんなことが起き、新しい発見がある。
地元の人たちとの繋がりがあり、友人の支えがあるから釣りができている。旅をさせていただいている。 旅ができていることが本当にありがたい。
何度言っても足りないけれど、本当に感謝だなぁと感じた。
ありがとう。そして明日もよろしく。
 

2015年04月07日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第1話 出国。

※オーストラリア&ニュージーランド編、時間を見て進めて参ります。汗。

いつもながらテキトーなブログですいません。m(_ _)m

まずはマレーシア経由の旅の始まりから…




2013年12月18日水曜日 

関空より出発。アホなオトコの旅の始まり。


また旅が始まろうとしている。これで何回目の旅だろうか。 昨日はよく眠れなかった。  辺りはまだ薄暗い。  朝6時、携帯のアラームでズルズルと寝床から起き上がった。 安宿の外からはかすかに雨の音が聞こえている。 旅の始まりはいつも雨だ。たしか前回の出国の時も雨だった。 ガサゴソと荷物をまとめ、出発の準備をする。 歯を磨き、朝食も食べずに7時に宿を出た。 宿の玄関では愛想のいいオバちゃんが見送ってくれる。 外に出るとカッパにパラパラと雨音が響く。 普段は鬱陶しい雨も、今日はどこか違った。 きっと自分の気持ちが普段と違うせいだろう。 宿から空港までの道のりをテクテクと黙々と歩く。

歩きながらいろいろなことを考えた。 昨夜九州から電話をしてくれた両親のこと。 日本で一人待つことになる彼女のこと。 いつも支えてくれている多くの知人や先輩・友人たちのこと。 そして自分の将来のこと。 色々なことが何度も何度もグルグルと頭の中をまわる。 考えても答えのわからない、取留めのないことばかりなのだけど。 さっき宿を出る際に、オバちゃんから 「いい人生ですね。どうかお気をつけて。またいらしてください。」と言われた。 いい人生ですね… いい人生って何なのだろうか?これがいい人生なのだろうか? 本人にはわからないものだ。 その言葉を自分のなかで反芻した。 天気と同じように自分の気持ちも晴れないまま。 でも、どこかそう考えながらも動いている、旅をしている自分が誇らしくも思えた。 そんな気がした。それが旅なのだ。これでいいのだ、と自分に言い聞かす。

最寄り駅からは電車で一本。5分ほどで空港へ着く。 空港での手続きは少し面倒くさいけれど、嫌いではない。 チェックインとセキュリティーチェック、出国の審査を受ける。 香水くさい免税店を抜けて、搭乗口へと向かうシャトルに乗る。 すでにいろんな人種が混ざり合った空港独特の雰囲気がそこにある。 僕は空港の、この華やかな感じが大好きだ。 ラウンジでコーヒーを飲み、時間を潰す。 時間が来ると僕は黙って飛行機に乗り込んだ。 さぁ出発だ!いよいよまた旅が始まる… 

AirAsia 関西国際空港発 クアラルンプール(KL)経由 ペナン行き 
関西→KL D7 533                         11:00発    17:00着 
KL→ペナン AK9510                    19:55発         20:50着 


飛行機の中はいつも暇で時間を持て余してしまう。 暇つぶしに本や音楽プレイヤーを持ち込んではいた。 しかし、今回は珍しく飛行機の中で出会いがあった。 マヨさんとレイさんのお二人。 マヨさんはタイランドに住んでいたことがあるという国際派。インターナショナル・スクールに通っていたというだけあって英語もペラペラ。全部でたしか4か国語話せると言っていた。少し天然なかわいい24歳の大阪在住の女性。保育士さん。今回もタイに帰省するとのこと。 レイさんは数年前にピースボートに乗って22か国行かれたことがあるという男性。 普段は地元の観光ガイドをされているらしい。今回はオーストラリアへ初めての一人旅で、どことなく緊張されているようだった。特にオーストラリア入国の際の事前ビザETASの登録が間に合わなかったと焦っていた。その後どうなったのかな。北海道在住。 いつもは座ってばかりで疲れてしまうけど、今回はKLまで三人でずっと旅の話をして盛り上がり、いつも飛行機の中はこんな感じだったらいいのに、と思うほどあっという間に到着した。 KLでは僕だけ国内線乗換えなので、二人とはここまで。 三人で写真を撮って別れた。 が、しかし、さっそく問題発生。 次の乗換便のEチケットがないのだ。「アレぇ?!何でないの??!」焦る僕。 ガサゴソとバックの中を探すが見つからない。まったく気が抜けている。便名も出発時間も予約番号もわからないのだ。「出発時間何時?急がなくてはならないのでは?」と焦る。旅はだんだんと慣れを生む。それがいけなかったのだ。 手元にあるパスポートとカタコトの英語だけを頼りに入国審査を済ませ、国内線ロビーのチェックインカウンターへ向かった。 カウンターのお兄さんに説明して、何とかチケットは発券された。やっぱり英語は必要だ。 定刻に出発した飛行機は、ほぼ定刻に目的地ペナンに到着した。

DSCN5465.JPG

到着ロビーを出ると、以前から良くしていただいている、知り合いの「沈(チン)さん」が迎えに来てくれていた。久しぶりに見る笑顔。沈さんは、現地在住の中国系マレーシア人だ。 これから数日間は沈さん宅にお世話になる 「お久しぶりですか!お元気ですか?」挨拶も そこに車に乗り込み、沈さんの自宅のある「イポー」という町へ向かう。 ペナン島からイポーまでは、車で約二時間。出発したのはこの時すでに夜9時過ぎ。 こんな時間の便を取ってしまった自分の判断を少し後悔した。申し訳ない。 車内では今回の計画の説明と、思い出話に花が咲いた。マレーシアは今回で三回目だ。 夜11時過ぎ。ようやくイポーに到着。 時間は遅かったが、僕は空腹の限界だった。 安い飛行機だったこともあり、機内食も有料で、しかも量が少なかった。朝から食べたものもその一食のみだった。


というわけで、超遅〜い晩御飯。


久しぶりのマレーシアでの一発目の料理は中国系のヌードル&タイガービールだった。
DSCN5466.JPG

DSCN5467.JPG

うまい!僕は本当にアジアの料理が大好きだ。 夜遅いのに、街は人でいっぱいだった。これぞアジアの熱気といった感じ。ビミョーに汚い雰囲気(僕にとっては“いい意味”で)がたまらなく好きなのだ。道端に落ちているゴミの山や食べ終えて放置されている食器の山を見て、「ようやく本当に到着したんだな。アジア最高っ!」と無意味に一人つぶやき、思わずニヤッとしてしまった。 結局この日沈さん家に到着したのが12時半。日本時間で1時半だった。 シャワーを浴びて、長い長い一日が終わった。 

DSCN5469.JPG

DSCN5468.JPG


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。