2015年02月16日

伯釣旅 第110話 バルビーナ(Balbina)へ移動。

11/19(水)
7時前起床。
暑いから薄着でいいかと思っていたら、今度は扇風機を直接当てていたせいで喉が痛い。

朝食を食べ、9時に出発。

バスターミナルを三人で目指し、片道2.75レアル。

今日からバルビーナという街のバルビーナダム湖に向かおうとしている。とりあえずバスがあるのか情報収集に出た。
PB192000.JPG

PB192001.JPG

また三人で行くつもりだったけど、彼らは彼らで、バルセロス滞在中に、ATMで出金一度に対して二度の引き出しがされているというトラブルで、日本からの連絡待ち。宿でしばらく待たなくてはならないらしい。

そのせいで1日予定をズラさなくてはならず、俺だけ窓口で予約を。
PB192005.JPG

PB192007.JPG

PB192008.JPG

朝の便は去ったので、本日夕方16時のバスを予約。片道三時間で30レアルとまぁまぁ安い。

予約だけして帰るのももったいないので、近くのショッピングモールへバスで移動。
PB192013.JPG

PB192012.JPG

PB192014.JPG

二人が行ったことがあるという釣具屋さんをチェック。
PB192019.JPG

PB192021.JPG
行くと何かしら買いたくなってしまうので行かないようにはしているが、今日も…
前回調子が良かったルアーがピラニアに破壊されたので、改めて購入してみた。
もう帰りのサンパウロまでは釣具屋さんには行かないようにしよう…金なくなるし…やっぱりダメだわ。苦笑。
PB202038.JPG

PB202041.JPG

PB202045.JPG

一旦宿に戻って準備。
帰り道に路上で買ったコシーニャだけが昼食。
PB202051.JPG

昨日のラーメンのせいで、腹の調子も良くないので、夜まで我慢。

14時過ぎに一人宿を出て出発。
バスでバスターミナルを目指し、下車。
わざわざバス停ではなくて、ターミナルの真ん前で降ろしてくれた。

ブラジルは悪い人も多いが、優しい人も非常に多い。日本人は正直優しさで負けている。


昼飯はコシーニャだけだったので、ビールを飲みながら蚊に刺されながらバスを待つ。


16時にバスは出発。

3時間の移動と窓口で聞いていたけれど、実際に到着したのは4時間後の8時過ぎ。
IMG_1087.JPG

街は真っ暗でナンにもない。宿の予約も当然無いし、思っている以上に田舎だ。どうしよう…。久しぶりの一人での行動なので、少し不安になる。


安宿を探そうと、歩いていた人数人に話しかけると、たまたまバスの運転手さんで、バスで宿の前まで乗せてくれた。やっぱりブラジル人は優しい。当然無料だ。
IMG_1092.JPG

PB202057.JPG

宿の値段は30レアルくらいだと、みんな口を揃えて言っていたが、いざレセプションで値段を聞くと、最安で60レアルの部屋しかないとのこと。過去最高に高い!安宿は安宿なのだが、そのビミョーな値段が続くとあとあとキツイ。
IMG_1091.JPG

タイミング悪く小雨が降り出してしまったが、とりあえず他の宿がないか聞いてみると、もう一軒だけあるらしい。

野犬が出てきそうな真っ暗な夜道を歩いて、民家で道を聞きながら、子供たちに連れられて行ってみたが、あいにく今日は誰もいない。
IMG_1094.JPG

子供たちのお父さんが現れて、最初の宿のオーナーさんの家まで連れていってくれたけど、やっぱり他にはないらしい。今日は諦めた方が良さそうだ。

レセプションに戻り、お金を払ってから、夕食を食べにまた暗い夜道を一人で歩いた。

民家にまた道を聞いて、なんとかレストランにたどり着き、飯にありつけた。
IMG_1095.JPG

IMG_1097.JPG

10レアル。コーラ3レアル。一人旅の飯はうまい。

だが、ビールに酔ったのも束の間。足元にじゃれついてきた野良猫を触ったところ、猫パンチをくらってしまう。流血。一気に酔いが覚めた。変な病気にならなければいいが…。(; ̄ェ ̄)

猫なんか嫌いだ。


風邪気味なので早めに寝た。

受付に置いてあるブラジルの釣り雑誌の中に、ボンバダさんがいた。
IMG_1088.JPG

IMG_1089.JPG


PB202054.JPG
posted by 日野君 at 02:07| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。