2015年02月17日

伯釣旅 第120話 サンパウロ到着。ファブリシオと再会&夜遊び。

11/29(土)
早朝7時過ぎ、ようやくサンパウロに到着。

なかなか荷物が二つとも出てこず、窓口で確認してもらうというハプニングもあったけど、なんとか30分後に出てきた。良かったロストじゃなくて。(^_^;)
PB290465.JPG

ファブリシオ&マミさんと久しぶりに再会!
PB290466.JPG

とりあえずポリシアフェデラルへ行き、「トランジット出来るのか」を確認をしに行った。

というのも、時間がないので、飛行機で他国へ行きたいけれど、先日のボリビア国境で「"ビザの延長をしている人"は、一旦出国すると再入国出来ない」と聞いていたので、それの確認をしに行ったのだ。可能であるならイグアスを見にアルゼンチンに行きたいのだけど…。

けど、今回の職員さんは「全く問題ない。何度でも入国していい」と言う。

「本当に??」

言ってることが前回と全然違う。なんだか心配だ。(~_~;)

しかも今回の彼らの意見が正しいとするならば、ボリビア行けたじゃん!となんだか複雑な気持ちになってしまった。(; ̄ェ ̄)

まぁ、彼らがそういうのだから、もしアルゼンチンとかの国境でトラブルあってもこちらの責任では無くなったからいいか…。(^_^;)

スタバでお茶してから、本屋さんで買い物。
パラナイタでお世話になった、釣りライター・望月さんが載っていた雑誌と、スペイン語とポルトガル語の辞書を自分へのお土産に買った。

PB290468.JPG

PB290474.JPG

家まで戻り、シャワーを浴びてから昼ご飯をいただき、その後13時から16時まで昼寝。
PB290476.JPG

PB290480.JPG

お腹の調子やっぱり変だ…。絶対にアマゾンの生活のせいだ。飲み水の色がどう考えても変だったし、毎日の沐浴で少しくらいは口の中に水は入る。いや、歯磨きもそういえば川の水だったから、間違いなく入っちゃってるわ…早く治ってくれ。ツライ。(−_−;)


夜はファブリシオに連れられて、飛行場の見学とレストランへ。
PB300481.JPG

PB300482.JPG

PB300492.JPG

PB300496.JPG

ファブリシオは学校で勉強している「本気のパイロット」なので、普通の人は入れないところまで一緒に入って、飛行機のコックピットに乗ってみたりした。ブラジルではパイロットの方が警察官よりも社会的地位は上なのだ。ここブラジルでは彼と友達であることに誇りすら感じる。実際何度も助けられた。

レストランもその敷地内にある高級なところ。
生ビールが超美味しい。お腹悪いのに二杯も飲んだ。(ファブリシオは運転があるのでコーラ)

思い出話と別れてからのブラジル旅話に花が咲く。

料理はピカーニャという牛のランプ肉のハンバーグと、俺はハンバーガーセット。
ファブリシオはステーキ。



その後…例のごとく、怪しい赤いランプのお店へ。笑

何軒か冷やかした後、とりあえず店の前に立っていたお◯さんが◯◯◯だったという理由で、その中の一つへ迷いながらも入店し…



※注 大人の事情でこの日夜の内容は省略。笑




…ファブリシオは奥さんにバレるから、と待ってただけであった。

結局この日、帰宅したのは1時過ぎ。

帰りの車の中で眠たすぎて記憶が飛んだ。

posted by 日野君 at 12:43| Comment(0) | ブラジル釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: