2015年02月24日

愛竿モレーナ&ピメンタ。グリップ改造。

さてさて。

イベントも終わって落ち着いたので、ずっと書きたかったことを書きましょう。(それより旅の話の続きを書けって?笑)


僕はモレーナに関しては、全国の一般ユーザーの中では、「日本で一番」あの竿を使った、と自負しているのですが、(違ったらすいません。でも二年間あの竿を持って旅に出た人を他に知りませんし、僕はお金が無かったので、他のマニアの方や、スタッフさん、某隊長のように、何本もツララの竿を持っていませんでした。まぁ今も三本しかありませんが、要するに、数少ない道具をひたすら酷使してきた結果、それがテストになったということです。何を言いたいのかわからなくなってきました…まぁいいか。笑)


で、ブラジル旅の最中で、毎日毎日何ヶ月も竿を握って、見えてきた結論の一つ。

それは、「あのリールシートの形状が、僕の手の大きさと持っているリール(特にT3MX)に合わない」ということ。

image.jpg

image.jpg
↑写真はアヴェントゥーラ。なので、ブランク径的にまだノーマルでもいいかと思います。使用頻度も低いですし。三本の中で比較したいので、この竿だけ加工せずにそのまま残しております。


それでも、中指の収まりどころが悪いのは見ていただけると思います。特にT3MXの形状と合わない。第一関節くらいまでリール本体に指が不自然に乗ってしまうのです。これは萎えます。


なので、実はブラジルの旅の途中の中盤から、スーパーで買った「デュレポキシ」というヘンケル社ロックタイトのパテを使ってリールシートの穴を埋めて、段差を減らし、径をやや大きくしておりました。
image.jpg

コレはブラジルのスーパーになら、どこにでも売っております。
何かと輸入品の値段が高いブラジル。人々は物が壊れると、だいたい自分で何でも修理します。

まさに生活の必需品。生活に完全に溶け込んでおります。スーパーのレジ横の飴ちゃんの上とかに置いていたりします。なので、普通のおばちゃんでも、ブラジルでは使っていることでしょう。こんな便利で安いものを使わない手はない!

なので早速購入して、現地で処置を試みたのでした。

一晩置くと、このパテはガチガチに硬くなるので、最初は緊張しました。失敗は許されません。

だって4万円もする竿ですからね。(; ̄ェ ̄)僕は支給を受けているわけでもなく、実費で購入しているので、作業を始めるギリギリまで悩みましたよ。

でも、実際にテキトーにパテ埋めすると、見違えるほど手への負担は減りました。持った時のフィット感も違います。

ブラジルでは仕上げができなかったので、帰国してから、ダサくならないように、
サンドペーパーで成形し直しました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

できました。
でも見た目がまだ悪い。黒地に白の粘土のようなものが付いているような。これはいただけません。笑

image.jpg

なので、今回友達の小西ドロップくん(通称コニタン)に、塗装の依頼をさせてもらいました。今回のキープキャストでテルさんブースにセクシーなお姉さんがいたでしょ?
その隣に痩せたニット帽の男性がいたでしょ?

KIMG0066.JPG
彼です。笑

で、先日彼が「できたよー!」って写メ送ってくれたのがこちら。↓

1422688427556.jpg

なかなか会えないので、キープキャストの当日受け取りました!

「おぉぉー!めっちゃキレイになってるぅー!!ありがとうね!( ̄▽ ̄)」

image.jpg

持つべきものは友です。

image.jpg
改造したことで、中指の位置がリールの上に乗らなくなり、フィット感が増しました!


ちょこっと脱線しますが、テルさんも水口さんもよく見るとグリップ形状を自分で削って、改造をしておられます。

イベントでは実物があったので、盗撮して参りますた!のでご参考に。

KIMG0076.JPG
↑こちらが水口さんの私物。ピメンタ。
本人に合うようにコルクの部分ががっつりアシンメトリに加工されております。お話を聞くと、アマゾンでオピネルでちょっとずつ削ったとか。メガバスのアームズみたいな形状になっております。
ちょっと雑いので、個人的にはサンドペーパーで仕上げたいなぁ。という感じでしたが、まぁこの荒治療も冒険用品らしさでしょうか。現地での試行錯誤が目に浮かびました。

お次は…
1424607716894.jpg

↑テルさんの。
えーと、たしかモレーナ。だったと思います。
形状は変わっていませんが、コルクの部分がエグいくらい細く削ってあります。見た目からして細い。(; ̄ェ ̄)

でも、最高に持ちやすかったです。

俺もやろうかなぁ…。
でも今更やると、せっかく味の出たグリップが新品みたいになってしまうだろうしな。まだやめておこう…。(~_~;)


ツララのスタッフの高田さん(ビックリマンじゃないよ。別の方。長身で大人な方です。)が超素敵な方で、惚れてしまいました。丁寧に挨拶して頂いて、持っていった差し入れの「赤福」にもわざわざこちらまで来てお礼を言ってくださったのは高田さんだけでした。お仕事の話も聞かせていただいて、日々真剣に頑張っていらっしゃる。そんな姿勢に感動さえ覚えました。

なので、彼らスタッフさんの仕事を増やしたくないので、これらの加工は完全自己責任でお願いいたします。m(_ _)m笑

メーカーは責任を問えませんので。あしからず。この改造はたまたま僕の手に合わなかっただけなので、製品に対するディスでもありませんのでね。その点ご理解のほどお願いしますね。(^_^;)


テルさんの影響で手にしたツララでしたが、今回のイベントではスタッフさんの人柄の良さに惚れてしまい、ますますファンになってしまいました。

春までには、もう一本竿を追加する予定(たぶん)ですので、手にしたらまた紹介させていただきますね!

僕はスポンサーを持っていない一般ユーザーですので、今後も良いことも悪いことも、言いたいことガンガン書いていきますので、よろしくお願いしまーす!( ̄▽ ̄)

では。


posted by 日野君 at 10:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キープキャストお疲れ様でした。
モンゴルの話。たくさん教えていただきありがとうございました。
頑張ってくださいね。
Posted by 眞田 実千生 at 2015年02月27日 08:31
眞田さん
先日はお世話になりました。お疲れ様でした。
こちらこそお話できて楽しかったです!
モンゴルの件、わからないことがありましたら、どんどん聞いていただければ、わかる範囲で答えさせていただきますので、またお気軽にご連絡ください。(^^)

ありがとうございます!
今後とも等ブログをよろしくお願いいたします。m(_ _)m
Posted by 日野 at 2015年02月27日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。