2016年01月12日

プライヤ改造および軽量化。

先日だいぶ前に友人に頼んでいたモノが届いた。

P1120675.JPG

プライヤー。

元ネタはスミスのステンレスフィッシングプライヤー。
スミス プライヤ.jpg

わりとお求めやすい価格帯で、入手しやすく、そこそこ使えるので、ブラジルにも持って行ったりしたのだけど、難点が...

素材がステンレス。つまり重いのだ。やや長めだしね。

というわけで、友人に無理言ってお願いして、加工してもらいました。

柄の部分に穴あけ加工で肉抜きしてもらい、全体も角を落としてなめらかに。

グリップのラバーも、それだけでも30gするので取り外しました。
P1120677.JPG

肝心な加工前の重さを量り忘れたので、ネットで調べると、どうも180gほどあったようだ。

気になる加工後は、
P1120676.JPG

単体で122g。約58gの軽量化。

よくこんな固い素材に穴あけれたね。さすが!
Sさんありがとう!またよろしくお願いします。笑

面倒なのでブログには書いていないけど、ここ数か月はザックを改造したり、小物などはちょこちょこ軽量なものに交換してて、少しでも楽になるように心がけております。石垣島での荷物の多さ、重さに懲りました。海外だと気持ちが大きくなっているせいか、あまり重さが気にならなかったんだけどね。登山とかやりだしたからかなぁ...。

今日は先日の竿も少しイジってみた。
P1120670.JPG
上が数か月前にイジったハンティングシャフト。
下が今日イジった、最近買ったホーネット。

P1120671.JPG

P1120672.JPG
↑人差し指が当たる部分より先端は、基本的に不要なのだ。

P1120674.JPG

フォアグリップは普段の釣りのベイトではあまり長くなくても問題ないので、これも軽量化。

ビミョーに無駄なものを捨てていく日々。
他の竿もそうだけど、余計な装飾とか飾り巻きとかも、基本的に全くの無駄なのだ。



ちなみにブラジル釣行記、100話までは写真の添付終わりました。

伯釣旅 第100話↓
http://stupidcupid.seesaa.net/article/413899946.html

道のりなげー。
では。チャオ。

posted by 日野君 at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: