2016年04月13日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第3話 良型ピーコックと12%alc BEER🍺

2013年12月20日(金)
「Tasik Rabanへ。足こぎボート?の旅。 」

朝6時45分起床。

夜中に少し寒さを感じたので、天井のファンとエアコンを切って寝たのだけど、そのせいで蚊にめちゃくちゃ刺されてしまった。おかげでかゆくて痒くて全く眠れず。トホホ。 起きて荷物の確認をする。

バッグの中の前回からの「残っていたお金」を数えたら256リンギット、日本円で約8000円。普段なるべくお金は各国で使い切ってくるように心がけてはいるのだけれど、どうしても海外に行く機会が増えてくると、通貨も無駄にどんどん増えてきて困る。まさにタンスの肥やし!しかも、かなり前に仕事で訪問していたインドの通貨・ルピーも大量に手元にあって持て余していた。インドに行く機会は次がいつなのかわからないし、正直じゃまである。そんな時ふと「マレーシアってインド人多いよなぁ。もしかしたら使えるんじゃない?」って思って今回持ってきてみた。数えてみると5920ルピー、日本円で約1万円。

それで、それを山脇さんに聞いたら、なんと山脇さんは仕事の関係でインドから帰ってきたばかり。インドにしばらく住んでいたくらいの方(?)なので、快く両替してくれた。ちょうど銀行の口座を解約して、手元にルピーがたくさんあって、少し増えても困らないとのこと。ラッキー!

さて、今日は8時過ぎに家を出た。
9時に一度山脇さん宅に寄ってルピーを交換。
この家の家主、山脇さんのルームメイトの友人ミミさんにも少しの時間だったけど再会することができた。この数か月で旦那さんを見つけ、赤ちゃんもできたらしい。
DSCN5601.JPG

本当にたった数か月ですごい展開の速さ。驚いた。マレーシアに住む方はみんなこうなのかな?
また赤ちゃんが生まれるころにおじゃましたいな。末永くお幸せに!
 
その後、三人でインド系の食堂で遅い朝食。ここは前回来た時にもお邪魔した。今回で二回目だ。
僕はロッティー・チャナイという南インドのナンみたいなものと、羊のカレー、そしてドラゴンフルーツのフレッシュジュースを注文した。
DSCN5603.JPG

DSCN5606.JPG

いつも思うけど、いつも言うけど、マレーシアで食べる料理は本当にどれもおいしい!僕が旅や釣りや外国の魅力を伝えるにあたって、その国を見るにあたって非常に重要な部分の一つは、間違いなく料理だ。

特に東南アジアの。記憶力が悪いから料理名をメモっておかないといつも忘れてしまいがちになるのだけれど、本当にアジア飯はうまい。やはり日本という先進国で西洋化がすすむ現代においても、我らは紛れもなくアジア人なのである。かつて作家の開高健氏は「心に通じる道は胃を通る」と記した?が、まさにその通りだ。
ただし、モンゴルは除く。あの国の料理は…。また機会があれば語るとしよう。笑

しかし…
熱いトークをした後で恐縮なのであるが、この朝食後、まさかの「お腹の調子」が悪くなってしまう。 おそらくカレーのせいではなく、昨日の夜フードコートで飲んだコーラの“氷“が原因だ。いつもは氷なしにしてもらうのだけど、言い忘れてしまったのだ。

山脇さんとはここで終わりだったのだが、「また来ますね!じゃあね。」と手を振りながらながらも、頭の中は雲古のことでいっぱいになった。非常事態発令なのだ。 車を走らせると、釣りの前にすぐにガソリンスタンドへ寄ってもらった。何とかギリギリのところで間に合った。ちなみに、マレーシアのトイレは紙がない。

東南アジアはこういった紙なしトイレが非常に多い。場所によって和式(日本だけではないので和じゃないよね?)と洋式がある。今回は洋式であった。しかし、いずれにしても紙はない。その代り、もれなく蛇口とホースがついている。これがふつうである。(インドではホースではなく“コップ”のところもあった。喉が渇いていたからと言ってもちろん飲まないように。笑)文字通り、「手洗い」になっているため、床もビショビショなのがふつうだ。潔癖症の方がみると、思わず眉をひそめるであろう。

現地の方でも潔癖症がいるのか、よく見ると洋式なのに便座の上に無数の足跡があったりする。ナンデだ?おそらくビショビショの便器にお尻をつけたくないのだ。他人と知り合いに、いや尻合いになりたくないのだ。

トイレの話はほどほどに、車に乗り込み北へ向かった。非常事態は解除された。 今回目指した場所はTasik Ra◯an 「ラ◯ン湖」というところ。イポーからだと高速を使ってだいたい一時間くらいのところにあるダム湖で、前回良型のトーマンを釣り上げた思い出の場所だ。

11時20分に到着。
DSCN5612.JPG

まずは、前回来たときに思い出深いサカナを釣り上げたポイントに入る。

まずは道具をセットし、ルアーと昨日買っておいたナマズ両方で試してみる。
DSCN5624.JPG

DSCN5626.JPG

DSCN5637.JPG
湖全体の状況を確認しながら釣りを進めていくが、前回来た時よりも水位が1メートル近く上がっている。ただでさえ岸から釣りができるエリアが限られているこのエリア。非常にやり辛い。特にこの場所は岸から手前全体に浮草が茂っており、すぐに釣り糸が絡んでしまう。

DSCN5643.JPG

昨日アランさんのお店で購入したおススメのルアーも試してみるが、すぐに引っかかってしまい、糸がすぐに切れてしまった。全く釣りにならない。幸いフローティングタイプ(浮くタイプ)だったので、近くを通りかかった漁師さんらしき若者にお願いして回収してもらった。お礼にチップを渡そうとしたのだが、「いらないよ」と言って、素敵な笑顔だけ残して去って行った。 その後、釣り場を求め、近くにある湖畔のリゾートの敷地内へ。 広大な敷地の奥に浮桟橋があったので、そこからしばらく狙ってみるが反応なし。 「やっぱりボートがないと厳しいなぁ…」 岸から狙える場所が少なすぎて、本当に釣りにならないのだ。
DSCN5662.JPG

DSCN5666.JPG

場所を求めて、また移動。 たまたまボート屋さんを発見!
DSCN5655.JPG

「おぉ、ボートあるじゃん!!」 そういえば前回借りなかったけど、ここにきて記憶が蘇ってきた。すんなり見つけることができた。 しかしお店は閉まっていた。定休日か?と思ったけど、マレー系の人が多いこのエリア。おそらくお昼近いこの時間は「お祈り」の時間で一時的に閉めているのだろうと読んだ。 とりあえず僕らも昼食をとることにした。

DSCN5676.JPG

DSCN5678.JPG

DSCN5680.JPG


午前中何にも反応がなく釣れなかったので、正直少し焦っていた。おいしいご飯を食べているときも、終始考えているのは釣りのこと。 マレー料理を食べた後はすぐにボート屋さんへ戻った。

戻るとお店はやっぱり開いていた。

「よし!」 さっそく受付の方と交渉する。

お店の人はやたらとエンジン付きボートを勧めてきたけど、少し値段高い気がしたし、エレキがないのにエンジン付きを借りても、釣りをしてる最中の微妙な操船ができないと、これまた釣りにならない気がした。 迷った挙句、超ボロボロの足こぎボートにした。めちゃくちゃ遅いし疲れるだろうけど、微妙な操船は可能。エンジン音もないので、魚に余計なプレッシャーを与えにくいと思った。しかし、足こぎボートなんて、小学生時代のスワンボート以来だ。 交渉して、時間無制限で30リンギット(日本円で約1000円)に値切った。これから二か月の旅をひかえている僕は、節約の鬼になっていた。

準備をしてボートに乗り込む。

DSCN5685.JPG

実際乗ると思っている以上に遅いし、操船も結構難しい。舵があまり効かないのだ。 まぁしばらくしたら慣れたけど。 岸際を流しながら、気になるスポットにルアーを通していく。 このボートは屋根がついているから、突然のスコールや強い日差しは遮ることができるけど、キャストがしにくい。投げる度にルアーが屋根に当たらないように注意しなくてはならない。

DSCN5697.JPG

DSCN5688.JPG


色々なルアーを使って反応を見るが、全く生命感はない。何もない時間が過ぎていく。焦る自分。 そうこうしているうちに、午前中ルアーを引っかけてしまったエリアに着いた。 前回の旅では、何度か岸から魚の反応があった、思い入れのある場所だったので、闇雲に投げず、少し考えてからルアーを選び直し、結んだ。

その気持ちのこもった第一投目。

とうとう待ちに待ったこの時が来た!魚だ! どう考えても昨日のサイズとは違う引き。 水中で鮮やかなオレンジ色が揺れる。 最初はトーマンかなと思ったけど、水中の色でピーコックバスだということが分かった。


沈さんがネットを用意し、僕に手渡す。 焦らず慎重に、と自分に言い聞かせながらも、興奮が抑えきれない。 「頼むからバレないでくれよ」左右に泳ぎ必死に抵抗する魚を見ながら、何度かそう思った。 数分後、ようやくネットの中に魚が入った。

DSCN5722.JPG

「よっしゃー!!やった!やったよ〜!」

DSCN5735.JPG

釣り人の至福の時。この一匹までが長かった。 「ありがとう!」沈さんと握手。 サイズを測ると42cmとそんなに大きくなかったのだけど、 昨日のと比較すると二倍以上ある。笑

平均的にピーコックのサイズが小さいマレーシアではまずまずのグッドサイズといえるだろう。 久しぶりにこんなに興奮することができた価値ある魚。三度目のマレーシア挑戦でようやく記憶に残る魚を手にすることができた。 記憶に焼き付けようと、魚体を眺め、何度も何度もシャッターを切った。

撮影後は、生きたまま魚を野生に返す。リリースするのだ。 せっかく釣ったのにもったいないって? いや、ナンデかわからないが、食べてしまおうとは思えないのだ。生きたまま逃がしてあげたいのだ。 特に良い魚を釣り上げたとき、釣り上げて満足度が大きいほど、その気持ちが顕著に表れる気がする。 なぜこういう心境になるのか、考えたけど、単純に殺してしまうことを嫌っているのかもしれない。何かを殺すということは気持ちいいものではない。

生き物を、釣り上げた魚を殺すことは、釣り師の中に、感動とは別の、新たな特殊な感情を生む。 その新たな複雑な感情が釣れた喜びをかき消してしまう。 食べておいしいと感じる喜びよりも、殺してしまった時の「悲しい」と思う感情の方が上なのだ。

いくらおいしく食べても、その感情は消えない。 悲しい感情よりも、釣れた魚が元気に帰ってくれた時の「喜び」の方が上なのだ。 だから僕は水に帰す。

DSCN5742.JPG

元気で帰ってくれた魚は、その後何年も、その土地と、自分の頭の中両方で泳ぎ続ける気がするのだ。 もう十分遊んだではないか。
殺す遊び、ハンティングではないのだ。

「じゃあね」とリリース。

DSCN5751.JPG

水しぶきを上げながら、今回も元気に水中へ帰って行った。 住処へ戻すことができた。 その後も足こぎボートはしばらく湖面を彷徨った。しかし魚からの反応はまたしても無くなった。どうもこの湖の大型の魚の個体数はそれほど多くはないらしい。

日本からはるばる遠くまで来ると、どうしても海外はパラダイスで、魚がたくさん釣れてくる、と思ってしまいがちで妄想は膨らむのであるが、実際はそんなことはなく逆であることの方が多い。

一時間くらいして、僕らは向かい風の中漕いで漕いで対岸へと向かった。 しばらくすると、突然水面に波紋が広がった。魚だ。 おそらくトーマンだろう。日本のライギョに似たこの魚は、日本のそれと同じように水面で空気呼吸をする。 ボートを止めて、狙いを絞る。数投目、僕の投げるルアーにアタリがあった。 上がってきたのは40センチくらいの、超かわいらしい赤ちゃんトーマン。

「小さいなぁ。まだ他にもいるんじゃない?」と思って、その魚をとりあえずバケツに入れ、しばらく釣りを続けてみた。釣りはタイミングだ。まだ周りでは他の魚が呼吸している。釣れそうな雰囲気を感じているときはひたすら攻める。このタイミングを逃がしてはならない。 が、しばらく様子を見ながら釣りを続けたけど、それっきり反応はなくなった。

おまけに、バケツ内に入れておいたトーマンは、暴れてジャンプして、湖に帰ってしまった。写真すら撮っていなかったのに。悔しい。後悔先に立たず。 まぁ、良型ピーコックが釣れたから、ヨシとしよう。 スコールが降りそうな雲行きだったので、雨が降り出す前にボート屋さんに戻った。
DSCN5810.JPG

短い時間でいろいろあったけれど、時計を見ると三時間ほどの釣りだった。 片づけをして、車を走らせると、やはり豪雨となった。

夜は沈さんの家でご飯を食べることとなり、電話で帰宅途中で予約したテイクアウトのチャーハンとビールだった。
DSCN5817.JPG

DSCN5818.JPG

DSCN5820.JPG

DSCN5823.JPG

DSCN5826.JPG
テキトーにビールを二本購入したのだが、これが失敗だった。 僕が選んだ二本とも、アルコール分が12パーセントだったのだ。 僕は5パーセントのビール以外嫌いなのだ。 味は悪くなかったのだけれど、案の定、悪酔いした。 素敵な一日が、ビールの選択を誤ったせいで、最悪な一日に変わってしまい、この日は幕を閉じた。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: