2016年04月20日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第6話 パースのんびり歩き

2013年12月23 (月)
8時半起床。朝食はパン&ジャム、シリアル&ミルク。

特にやることもないので、12時までベッドの上で文章を書いたりして過ごす。
昨日一緒にラビオリを食べたルークは午前中に出発。
DSCN5875.JPG

センドメリーカテドラルを見て、パース造幣局の正面玄関のみを見学。
DSCN5881.JPG

DSCN5890.JPG

DSCN5891.JPG

お金がかかるから中には入らず。
どこもレストラン高いので、結局今日もマック。お約束のビックマックミール。

モールを抜けて西へ西へと歩く。
DSCN5893.JPG

DSCN5894.JPG

気持ちいい空気と緑の中を歩く。
DSCN5899.JPG

DSCN5902.JPG

てくてくてくてく。。。

Kings parkのベンチで、一時間くらい横になって昼寝した。

DSCN5901.JPG

みんな地元の人達は思い思いにゆったりした時間を過ごしている。

日本とは違って見える。実際違う。

ジョギングしたり、ウォーキングしたり、絵を描いたり、ヨガをしたり、ギターを弾いたり、恋人と寄り添って話をしたり.....
西洋文化圏の人たちの休日は、世代を問わず、なぜか絵になる。

だらだらグダグダな一日も悪くない。


本屋さんでは英語の本買いたくなる。

DSCN5955.JPG



夕方ゲストハウスに戻ってきて、一番近い中国系のスーパーでお買い物。
お金がないので夜はインスタントラーメンになった。


夕食を一人で食べていると、一人の男性が気になり、声をかけた。
その男性、スマー・カンさんは僕と同じくみんなが集まるリビングで食事中だった。
なんといっても、彼が食べていた料理が気になった。
どうみてもナンだ。顔もアジアっぽい。

オーストラリアなのにナンを手で食べているから、間違いなくインド人だとわかった。
聞くとスーパーで割と簡単に食材は手に入るらしい。

今日のは全部出来合いのものらしい。

一口頂いたが、うまかった!辛いのは苦手だけれど。

日本人大好きらしい。特に女の子。笑

どこの国へ行っても日本人女性は人気だ。

日本人男性の需要ももっと上がって欲しいものだが...先は長そうだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。