2016年04月25日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第7話 フリーマントル観光

2013年12月24日(火)

9時起床。
シリアルを食べる。ここの宿の食器・プレート(お皿)は15ドルのデポジットで借りることができる。
今日はフリーマントル観光。
パースの駅まで歩く。電車は片道たしか4.6ドル。
だんだんとオーストラリアに馴染んできた。

DSCN5960.JPG

お覚えたら簡単だけど、チケットを買う時の自販機が最初慣れないとわかり辛い。
DSCN5963.JPG

DSCN5968.JPG

DSCN5970.JPG

日本は路線図を見て決まった値段のチケットを買うけれど、海外は画面(タッチパネル)の中に駅名があって、それを選択するようなばあいが多い気がする。

DSCN5972.JPG

フリーマントルマーケット&フリーマントル刑務所見学。
DSCN6015.JPG

DSCN6012.JPG

DSCN6014.JPG

刑務所は約一時間で19ドル。おっちゃんがオーストラリア訛りの英語で色々説明してくれる。無線機みたいなやつで日本語の案内も聴けるので、英語が苦手でもOK。

DSCN6006.JPG

DSCN6002.JPG

DSCN5996.JPG



その後ランドハウス、難破船ギャラリー、と歩き方に書いてあるベタなところを見て回った。

DSCN6036.JPG

14時過ぎにまた電車でパースに戻った。

歩きまくってあまりにもお腹が空いてしまったが、電車代や入場料等、結構お金を使ってしまった一日だったので、節約を決意。15時ごろまた近くのチャイニーズスーパーで袋のラーメン。また。笑

DSCN6038.JPG

二個買っても2ドルちょい。オーストラリアの食事で外食は桁外れに高いし、自炊で節約となるとどうしてもこれに頼らざるを得ない。
遅い昼食となった。
日本から持参していた乾燥桜海老とごまを加えて、大満足。
食文化が乏しい国へ行く時へは、こういう乾物関係を持って行って加えてみることをおすすめする。
その後読書。

早めにシャワーを浴び、お姉さんに空港までの行き方を確認したら、バスの時間をネットで調べてくれた。
朝6:35発なので、6時には出発しなければならない。
荷物はすぐに出発できるように、夜のうちにまとめておくことにした。

他の欧米人のお客さんはクリスマスに向けての準備でもしているのだろうか。
若者はみんなバタバタと部屋を入ったり出たりしている。廊下にはいつも靴の音が響く。
ずっと部屋にいるのは僕と世捨て人的なおっさん(失礼)だけっぽい。
長く旅を続けているとわかることがあるが、どこの宿にも、いわゆる沈没者はいる。
今日もゲストハウスの廊下には、若者の靴の音と、おっさんが暗く怪しい部屋から漏らす映画の音がゆっくりと調和して流れている。天井のファンは、ただグルグルと回る。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: