2016年04月25日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第8話 ゴーストタウン化したアリススプリングス

2013年12月25日(水)
アリススプリングスへの移動日。

朝5時半起き。さっと起き上がり、準備してあった荷物を持って部屋を出る。
受付で鍵のデポジット20ドルとお皿のデポジット15ドルを返してもらう。

重たい荷物を持って出発。

博物館前の、来た時と同じ場所で6:35発のバスを待つ。

定刻にバスが現れ、運転手さんも来た時と同じだった。

いつも移動は間に合うのだろうかと心配になるが、7時過ぎには空港に着いた。

みんなクリスマスということで「メリークリスマス!」と言い合っている。
日本のクリスマスとはやはり違う。気温も違う。オーストラリアは今は夏。暑いのだ。

昨夜は夜中まで欧米人(ドイツ人?)が騒いでいたので寝不足だし、ドミトリーの天井のファンが寒くてちょっと風邪っぽい。二段ベッドの上だったのも結構辛かった。いつも僕はドミトリーで二段ベッドの上になってしまう。どうせ同じ値段なら下がいい。
しかも、昨日食べた激安袋ラーメン二つがいけなかったのか、お腹の調子まで悪い。

でもお腹は減る。
まだ出発までに時間あるから、何か買おうかなとも思ったが、コーラが3ドル、サンドイッチ(日本のコンビニにあるようなサイズ)が8ドルもする!

今回は釣竿のせいで40ドルもオーバーチャージ取られたし、余計な金は使えない。
空腹をごまかし、とりあえず我慢した。

もう節約のためには食事は毎日スーパーのスパゲッティと缶詰めで乗り切るしかない。笑

飛行機内で出たのは小さいサンドイッチのみ。
国内線だしこんなもんか。飛行機もやけに小さい。

着陸時、飛行機の窓から赤土が見えた。

椎名誠さんの本を読んでいたこともあって、その光景に胸が踊った。

15時過ぎアリススプリングスに到着。

超小さい空港だ。人もほとんどいない。

荷物を受け取って外に出ると、ミニバスがあった。
DSCN6039.JPG

予約してある宿に行こうと話を聞くと、もうすでに自分の名前がリストアップされており、無料。ちょっと得した気分。

16時ごろ今回の宿アニーズプレイスに到着。
DSCN6043.JPG

ジェイソンという見た目怖そうな感じだけれど、声がやたらと高く、なにを言っているのか聞き取り辛い受付のおっさんと話をした。

レセプションで27、28日のツアーの予約もした。

たしか全部で240.7ドル。25と26日の宿泊費も全部入れての値段(だった気がする)。

とにかく僕の旅程を考慮して、色々考えてくれた。他のツアーの参加者はもう一日長いのだ。僕だけの特別?なプランということでOKした。
DSCN6057.JPG

DSCN6053.JPG
荷物をとりあえず置いてKFCへ。
クリスマスなので、10分も歩いたのにすでに閉まっていた。まだ明るい時間帯なのに。

クリスマスだからか車も含め人通りが思い切り少ない。ゴーストタウンみたいだ。
DSCN6051.JPG

DSCN6049.JPG

DSCN6048.JPG

道にいるのはアボリジニの人たちだけ。
路上の雰囲気も超怪しい。一人で歩いて大丈夫なのかという気になってくる。

彼らアボリジニの大半はは政府からお金をもらっているためか、働かない。

というかもともと文明とはかけ離れた狩猟で生活していたネイティブなのに、時代が変わり西洋人と共存をしていく上でお金を手にするようになって(政府が契約を交わして土地を使うかわりに金を渡した)、結果的にはそのことが皮肉にも生きる活力を奪う結果になってしまったようだ。

狩をしなくても生きていけるようになったことで、昼間から路上でビールを飲んだりしている。正直見た感じ半ばホームレスのようになってしまっている。

もちろん全員ではないと聞くが、明らかに路上にはそういう人が多い。
これは本当に社会問題なのだなと、その彼らの現状を目に焼き付けた。

宿で貰った小さな地図を見ながら、KFCがだめならマックは?とさらに歩いてみたけれど、結局マックも閉まっていた。
仕方なく、開いていることが確認できた唯一の店、ガソリンスタンドへ。

DSCN6056.JPG

海外のガソリンスタンドの店内はコンビニになっていることが多い。

食料が全くないので、何か買うしかないのだが、やっぱり全てが高い。

ラーメン3ドル、コーラ2ドル...買いたいけど、なかなか決めれずに狭い店内をウロウロ。
結局今回は水1.5リットル、バナナ&リンゴ各一つ、食パン(大)一つ、カレー味の缶詰一つを購入。たったこれだけの買い物なのに、値段は...なんと17ドル!いかにオーストラリアの物価が高いのかおわかりいただけるだろうか?

宿に帰ったら、ドミトリーの部屋を独り占めだったのに、「掃除を忘れたから」とかいう理由で部屋をかえるように言われ、移動。

行ってみると台湾人の同世代男性3人組がいた。

3人のうちの1人以外、僕以上に英語喋れないけれど、なんとか会話はできる。

オーストラリアでアジア人まみれ...ジェイソンのやつ、アジア人は一緒がいいとでも思ったのだろう。まぁいいけど。いい人たちで結構楽しい感じ。(^^;;

DSCN6059.JPG

夜は四人で一緒に料理食べて、お互いの状況等を語り合った。みんなワーホリで頑張ってるんだって。でも、英語喋れないならなおさら同じ国同士固まらない方がいいと思うんだけど。笑
なんか、色々話しているうちに明日は車でドライブに行くことになった。

豪州&新西蘭釣行 回想記 第7話 フリーマントル観光

2013年12月24日(火)

9時起床。
シリアルを食べる。ここの宿の食器・プレート(お皿)は15ドルのデポジットで借りることができる。
今日はフリーマントル観光。
パースの駅まで歩く。電車は片道たしか4.6ドル。
だんだんとオーストラリアに馴染んできた。

DSCN5960.JPG

お覚えたら簡単だけど、チケットを買う時の自販機が最初慣れないとわかり辛い。
DSCN5963.JPG

DSCN5968.JPG

DSCN5970.JPG

日本は路線図を見て決まった値段のチケットを買うけれど、海外は画面(タッチパネル)の中に駅名があって、それを選択するようなばあいが多い気がする。

DSCN5972.JPG

フリーマントルマーケット&フリーマントル刑務所見学。
DSCN6015.JPG

DSCN6012.JPG

DSCN6014.JPG

刑務所は約一時間で19ドル。おっちゃんがオーストラリア訛りの英語で色々説明してくれる。無線機みたいなやつで日本語の案内も聴けるので、英語が苦手でもOK。

DSCN6006.JPG

DSCN6002.JPG

DSCN5996.JPG



その後ランドハウス、難破船ギャラリー、と歩き方に書いてあるベタなところを見て回った。

DSCN6036.JPG

14時過ぎにまた電車でパースに戻った。

歩きまくってあまりにもお腹が空いてしまったが、電車代や入場料等、結構お金を使ってしまった一日だったので、節約を決意。15時ごろまた近くのチャイニーズスーパーで袋のラーメン。また。笑

DSCN6038.JPG

二個買っても2ドルちょい。オーストラリアの食事で外食は桁外れに高いし、自炊で節約となるとどうしてもこれに頼らざるを得ない。
遅い昼食となった。
日本から持参していた乾燥桜海老とごまを加えて、大満足。
食文化が乏しい国へ行く時へは、こういう乾物関係を持って行って加えてみることをおすすめする。
その後読書。

早めにシャワーを浴び、お姉さんに空港までの行き方を確認したら、バスの時間をネットで調べてくれた。
朝6:35発なので、6時には出発しなければならない。
荷物はすぐに出発できるように、夜のうちにまとめておくことにした。

他の欧米人のお客さんはクリスマスに向けての準備でもしているのだろうか。
若者はみんなバタバタと部屋を入ったり出たりしている。廊下にはいつも靴の音が響く。
ずっと部屋にいるのは僕と世捨て人的なおっさん(失礼)だけっぽい。
長く旅を続けているとわかることがあるが、どこの宿にも、いわゆる沈没者はいる。
今日もゲストハウスの廊下には、若者の靴の音と、おっさんが暗く怪しい部屋から漏らす映画の音がゆっくりと調和して流れている。天井のファンは、ただグルグルと回る。

2016年04月20日

豪州&新西蘭釣行 回想記 第6話 パースのんびり歩き

2013年12月23 (月)
8時半起床。朝食はパン&ジャム、シリアル&ミルク。

特にやることもないので、12時までベッドの上で文章を書いたりして過ごす。
昨日一緒にラビオリを食べたルークは午前中に出発。
DSCN5875.JPG

センドメリーカテドラルを見て、パース造幣局の正面玄関のみを見学。
DSCN5881.JPG

DSCN5890.JPG

DSCN5891.JPG

お金がかかるから中には入らず。
どこもレストラン高いので、結局今日もマック。お約束のビックマックミール。

モールを抜けて西へ西へと歩く。
DSCN5893.JPG

DSCN5894.JPG

気持ちいい空気と緑の中を歩く。
DSCN5899.JPG

DSCN5902.JPG

てくてくてくてく。。。

Kings parkのベンチで、一時間くらい横になって昼寝した。

DSCN5901.JPG

みんな地元の人達は思い思いにゆったりした時間を過ごしている。

日本とは違って見える。実際違う。

ジョギングしたり、ウォーキングしたり、絵を描いたり、ヨガをしたり、ギターを弾いたり、恋人と寄り添って話をしたり.....
西洋文化圏の人たちの休日は、世代を問わず、なぜか絵になる。

だらだらグダグダな一日も悪くない。


本屋さんでは英語の本買いたくなる。

DSCN5955.JPG



夕方ゲストハウスに戻ってきて、一番近い中国系のスーパーでお買い物。
お金がないので夜はインスタントラーメンになった。


夕食を一人で食べていると、一人の男性が気になり、声をかけた。
その男性、スマー・カンさんは僕と同じくみんなが集まるリビングで食事中だった。
なんといっても、彼が食べていた料理が気になった。
どうみてもナンだ。顔もアジアっぽい。

オーストラリアなのにナンを手で食べているから、間違いなくインド人だとわかった。
聞くとスーパーで割と簡単に食材は手に入るらしい。

今日のは全部出来合いのものらしい。

一口頂いたが、うまかった!辛いのは苦手だけれど。

日本人大好きらしい。特に女の子。笑

どこの国へ行っても日本人女性は人気だ。

日本人男性の需要ももっと上がって欲しいものだが...先は長そうだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。